社会人としてNG!やってはいけない行動とは!?

あなたは勤め先でうまくやっていけていますか?

社会にでてからも「順応性」が求められます。今いる環境を理解し馴染まなくてはなりません。

仕事が上手くいかないと感じた場合、自分の行動を整理してみましょう。

この記事では、社会人としてやってはいけないことについて解説していきたいと思います

社会人としてNGな行動

無断欠勤

社会人として一番やってはいけないことは「無断欠勤」です。

会社は全社員が出勤する事を前提としています。無断で休むとその人が行う業務が空き、仕事に支障をきたします。それを別の誰かがカバーしなくてはならなくなり円滑に仕事を進められません。無断欠勤は会社や周囲を巻き込み、全体的に大きな支障をもたらします。

時間にルーズ

時間を護らない人は周囲にいますか?

プライベートの場合は、時間にルーズでもいいと思いますが、仕事の場合は別です。仕事をする中で、時間の割り振りはとても重要です。たとえば、打ち合わせ時間に遅れる、などあってはなりません。相手にも今後の予定があります。万が一、遅れる場合は相手に電話して待っていただくか別日でアポをとるようにしましょう。仕事ができる人は時間を守れる人が多いです。

敬語がつかえない

社会人として「正しい敬語」を使うのは当たり前です。話す時やメールなどで敬語を使います。仕事上で敬語が使えない場合、相手に不信感や悪い評価をいだきます。仕事をする上で信頼関係はとても重要となりますが敬語の使い方1つでそのことが気づけないと悲しいですよね。敬語というのは、社内や社外でも頻繁に使う機会がありますので正しい敬語をした方がいいので習得してください。

一般的な常識ですがあなたは大丈夫ですか?

仕事のできる人になりたいのであればこの行動をしてはなりません。周囲から出来損ないなどの目で見られる可能性があります。車内での立場が悪くなると仕事に影響がでるでしょう。

社内でNGな行動

上司や目上の人からのアドバイスに反論する

意見の中には厳しい内容だったり、悪意があったりして心が傷つく人がほとんどです。自分を責めたり、落ち込むのではなく、改善点や問題点を見直してみましょう。時には落ち込む事も必要ですがそんなことに時間をとられていたらもったいないです。

愚痴を言う

愚痴を言い合ったり、共有したりすると絆を深めたり、仲良くなれると思いがちですがそれは間違った認識です。会社は仕事をする場です。そこで愚痴を言った場合、社内事情が悪くなり仕事に悪影響を及ぼしてしまいます。悪意が無い言葉でも相手のとらえかたで悪意があるように伝わる場合もありますので注意が必要です。

質問をしない

質問をしないと後々自分の首を占めることになります。なぜなら「あの時なんで聞かなかった?」と言われるからです。入社してまだ浅い社員ならわかりますが社歴が長い人は恥ずかしい思いをします。疑問や不安を感じた場合は、自分で解決できるか検討して、ダメだったら周囲や上司に確認しましょう。確認せず仕事に支障をきたすことがないように。

など様々なことがあります。1部をご紹介致しました。

学校と違い会社に勤めたらその会社の人と長い付き合いになります。自分を苦しめることがないように仕事をしましょう。

まとめ

今回は、社会人としてやってはいけないことについてまとめてみましたがあてはまる点はありましたか?

もし、あてはまった場合は直ぐに改善しましょう。今後の仕事社内でのあなたの立ち位置が変わります。

また、このようなことに気をつけていれば社内や社外からみたあなたの評価が高くなるでしょう。そうすれば、仕事効率が上がり円滑に運用進むでしょう。会社利益になることをすれば出世にも関わってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です