出世する人ってどんな人? 出世につながる言動を知ろう

「仕事で出世したい」

「周りから信頼されるリーダーになりたい」

そう思う人は、出世する人に共通する特徴を知りましょう。

その言動を自分も真似することで、仕事ができ、出世する人の道を歩むことができますよ!

出世したいなら出世している人を真似るのが一番

突然ですが、自分の職場の人たちを思い浮かべてください。

あなたの職場で、出世している人はどんな人でしょうか?

効率的に仕事を進め、決断が早く、自分で抱える仕事と人にふる仕事をうまく仕分けることができるような人ではないでしょうか?

どんな業種、職種であっても、仕事ができる人には共通している部分がたくさんあります。

そして、そのような人は出世も早くなります。

出世をしたいと思っているなら、自分の周りにいる「仕事ができる人」「出世している人」を真似ることがいちばんの近道です。

ぜひ、職場では観察の目を持ってみましょう。

マイナスばかりに捉える人は出世が難しい

出世したいと思っていても、思うように進んでいけない人がいます。

そのような人にも、やはり共通する言動があります。

ミスを人のせいにする、責任感がない、マイナス発言ばかりする、不平不満が多い、など。

自分を振り返ってみても、同じようなことがないでしょうか?

ついつい、仕事内容や周りの環境に抱く不満を同僚とグチったり、批判をしたり。

もちろん職場内の問題点がいろいろ見えるのは当然のことです。

それを、不平不満としてただグチって終わりにするのか、改善するためのアイデアを考えるのかが、出世する人としない人の分岐点です。

出世しない人の特徴に当てはまることがある人は、ぜひ改善していきましょう。

出世する人の共通の言動

向上心がある

仕事ができる人は、ほぼ例外なく向上心があります。

自分の中での目標が明確で、そこに向かっていくために努力をします。

それは、目の前にある仕事の成果にもつながります。

素直である

素直であることは、仕事をする上で大切です。

自分へのアドバイスを素直に聞けない人は伸びません。

「?」と思う仕事もひとまず取り組んで見る

「なんでこんなことを?」と思うような仕事を上司から与えられることがあります。

出世しない人はすぐに文句をいい、不平不満でいっぱいになります。

一方、出世する人は、疑問に思うような仕事でも、ともかく取り掛かります。

その上で、改善点などがあれば率直に上司に報告することができます。

周囲の意見が聞ける

仕事は、自分ひとりで進めるものではありません。

周りのスタッフと歩調を合わせる必要があります。

自分は「こうすることがもっとも効率的!」と思っても、違う意見もあります。

同僚や後輩の意見を聞けることが大切です。

効率的に動く

仕事ができる人は、すべての行動において効率を考えます。

「終業時間がくるまでダラダラやろう」という発想は持ちません。

ポジティブ思考

職場ではネガティブ思考だと周りにもマイナスの影響を与えます。

逆に、ポジティブな人がいると一気に活気づきます。

活気のある職場は生産性も上がるものです。

職場全体を明るくポジティブにできる人は、出世します。            

決断が早い

仕事をしていると、即決しなければならないシーンが多々あります。

この対処ができる人が出世します。

決断は早いだけでなく、正しくなければなりません。

さまざまな経験から今の事象に落とし込める力が必要です。

そのためには、冷静な思考をもっていることも大切です。

オンとオフの切り替えが上手

24時間365日仕事人間が良しとされたのは、もうはるか昔のことです。

今の時代、仕事ができる人はプライベートも充実させていることが多いものです。

オフ時間を有意義に過ごすため、仕事の時間は集中して効率を考えて取り組むのです。

そして、オフタイムでは趣味を楽しんだり、家族や友達とリラックスした時間を持ってリフレッシュします。

信頼されるリーダーになりたいなら自分の器を磨こう

出世したい人は、自分の周りにいる上司や仕事ができる人の真似をすることが近道です。

出世する人は、仕事を効率的に責任感を持って行います。

仕事に対して不平不満を持つのではなく、ともかくやってみる素直さや周りの意見を聞ける耳を持っているものです。

そのポイントは、上でご紹介したとおり。

こういった特徴に加え、本当にリーダーにふさわしいと周りから認めて貰える人というのは、やはり人間としての大きな器を持っているものです。

部下や後輩の話を聞いてあげられること、なにかがあったときには助けてくれる存在であることなど。

自分の職場の人を見回してみると、そんな人がいるのではないでしょうか?

単に出世するだけでなく、周りから信頼されるリーダーになりたいならば、自分の器を磨くことも忘れずにいましょう。

ムリをして自分の器に合わないことをしようとする必要はありません。

自分の器をよく知り、磨いていきましょう。

まとめ

いかがですか?

今回は、出世する人には共通の特徴があること、そのポイントについてご紹介しました。

逆に、出世しない人にも特徴があります。

自分の職場での振る舞いを見直して、出世している人の真似をしてみることから始めてみましょう。

さらに、周りから信頼されるリーダーになりたいなら人間性の器を磨くことです。

一朝一夕にはできないことですが、目標にする価値のあることなので、ぜひ意識して日々の仕事に取り組んでいきましょう!