【Uターン転職】で新しいライフステージをスタートさせる方法

都市部で働いていた人が、地元に戻って転職をするUターン転職。

昨今の社会情勢などから、人々の価値観も変化し、都市部への一極集中から地方回帰の思考が高まっています。

自分のライフステージの変化を考え、地元に戻りたいと希望する人も多いでしょう。

そこで今回は、Uターン転職のメリットとデメリット、Uターン転職をする場合の流れについてご紹介します!

Uターン転職とは

Uターン転職とは、都市部で働き、生活をしていた人が、地元に戻って転職をすることをいいます。

一般的な転職と違い、住む場所や子供の学校など多くの環境を変えることになるのが、Uターン転職の特徴です。

今、Uターン転職を考える人の動機としては、価値観の変化によるものも多くあります。

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、都市部で働くことそのものに疑問を感じ、地元に戻って働くという選択肢が生まれているのです。

また、都会の生活では子育てがしづらかったり、住環境にお金がかかる上、狭い家に甘んじる他なかったりと、都市部には生活しづらい部分がたくさんあります。

こういった不都合を受け入れざるを得ないことに疑問をいだき、地元へのUターンを考える人もいるでしょう。

このように、さまざまな価値観やライフステージの変化によって、地元に戻るという選択をする人がたくさんいるのです。

Uターン転職のメリットとデメリット

Uターン転職のメリットとしては、自然豊かな場所で生活できる、物価が安い、子育てがしやすい、実家の助けが得られる、満員電車からの解放、などがあげられます。

子供がいる人にとっては、都市部に比べて保育園にも入りやすく、学童の待機児童問題に苦慮することも減ります。

実家のサポートを受けて子育てをしながら働ける環境というのは、大きなメリットといえるでしょう。

また、住環境においてもメリットが大きいです。

家賃は安く、その上広い家が借りられますし、いざ家を購入する場合も同じことがいえます。

デメリットとしては、都市部にはない出費がある、転職先の選択肢が少ない、などがあげられます。

都市部にはない出費のうち大きなものが、車にかかるお金です。

地方ではひとり一台車をもっていないと生活が成り立たないことが多く、購入費用に加えて維持費もかかり続けます。

もうひとつ、どうしても地方の方が求人数は少なくなりますので、その中から自分にいちばんあった職種や業種を選ぶ必要があります。

Uターン転職の活動の流れ

以下でご紹介しているどの項目にも当てはまることですが、まず地方自治体のホームページをチェックしましょう。

Uターンする人材向けのサポートをしている自治体もあります。

では、ひとつひとつ詳しく見ていきます。

地元の情報収集

いくら地元とはいえ、離れていた時間が長い分だけ、地元の「今」を把握できていないと思ったほうがいいでしょう。

子供の幼稚園や学校などの情報、市区町村のサポート状況、住環境に関する情報などを一通りチェックし、Uターンして快適な生活が送れるかどうかを判断しましょう。

仕事の情報収集

地元企業の情報収集を行います。

ハローワークや地元の転職エージェントに登録し、求人情報を把握しましょう。

転職活動の開始

「地元に帰ってから職探しをしよう」というのは、危険な発想です。

少し大変ではありますが、現職を続けながら転職活動をしましょう。

引越し先住居の確保

転職先が決まったら、引越し先を確保することになります。

家族がいる場合は、家族全員の住環境も考慮に入れて引越し先を選びます。

転職が決まった後は、なかなか内覧だけのために帰省することもできないので、面接で帰省した際に内覧するなど、できることはしておきましょう。

退職・引越し

退職と引越し、転職、子供がいる場合には子供の転校転入手続きなど、しなければいけないことが目白押しになります。

段取り良く進めていきましょう。

配偶者がいる場合は、転職する本人だけが先にUターンし、生活基盤が整ってから家族を呼びよせるなど、時期をずらすこともひとつの方法です。

地元にどんな貢献ができるのか考えよう

現在、都市への一極集中ではなく地元回帰の思考が高まっています。

一度離れたからこそ分かる、地元の良さ。

そんなものを感じてUターン転職を考える人も多いのではないでしょうか。

転職活動の際は、ぜひ、そういったポジティブな感覚を面接官に伝えましょう。

志望動機では「都市部での仕事で培ったスキルを活かして地域貢献をしたい、地元の活性化に役立ちたい」といった内容にすることが有効です。

都市部へのネガティブな理由を志望動機にするのは、地元の企業にとってもいい印象を持たれません。

そして、ひとつ覚悟しておく必要があることは、求人数です。

都市部と比べると、どうしても有効求人倍率は低くなるでしょう。

ですから、あまり職種にこだわらず、幅広い業種や職種に応募する柔軟な姿勢が必要になります。

仕事を変えるだけでなく、住環境も変えるUターン転職は、人生の大きな転換になります。

新しい環境で、自分も家族もよりよい生活が手にできるよう、事前の準備からしっかり行いましょう。

まとめ

いかがですか?

今回は、都市部で働いていた人が地元に戻って新しい職に就くUターン転職についてご紹介しました。

慣れ親しんだ地元に戻れば、親からのサポートを受けられ、自然が多くある中でのびのびと子育てもできるなど、メリットがたくさんあることが分かりました。

一方で地方ならではの出費など、デメリットもあります。

Uターン転職を希望する人は、メリットデメリットの両方を考慮し、「なぜ地元に戻って転職をしたいのか」ということを明確にしましょう。

そして、納得の行くUターン転職を叶えましょう!