製造業へ転職!派遣とパートどちらがお得??

近年、工場への転職活動を考える人が増え始めています。

求人数も比較的安定しているだけでなく、面接でもポイントさえ押さえておけば採用してもらいやすいのも理由の1つです。
上手に働けば早い段階での昇給も期待できるなど、未経験者でも思い切って飛び込んでみたくなる世界なのは間違いないでしょう。

派遣とパートどちらがお得?

しかしいきなり正規雇用をしてもらおうというのは、さすがに高望みと言えます。そのため派遣社員としての勤務や、パートタイムでの勤務を最初の目標に掲げて転職活動を行うのも一つかもしれません!

では派遣とパートどちらが「得」でしょうか?
率直に言えば派遣の方が得です。もちろん何を持って得と呼ぶのかが大切です。

まず、その理由となるのが給与の高さで、残業手当もしっかりと出してもらえます。
この条件は未経験者でも同じであり、やはりそれなりの年齢になってから転職するには給与も沢山欲しいですよね。

原則として正社員と似たリズムで仕事ができるのも魅力で、任される仕事の範囲も明確なのは有難い限りでしょう。

一方でパートのメリットに目を向けてみると、自分のスケジュールに合わせてシフトを組めるのが大きい部分です。
例えば家事や子育てと両立して働きたいのであれば、派遣社員のようなフルタイムの勤務は難しくなります。(もちろん派遣にも短時間タイムのお仕事はございます)
そこがパートとなれば、午前だけ働いたり週1回の頻度から働いたりもできるのです。

派遣よりもパートの方が雇用契約の重みが軽く、短期間の体験目的で応募するにも向いているといえるかもしれません。

とはいえ、工場への転職活動をするならそのまま「本業」にしたい人が多いはずです。
派遣社員はどこかの会社に登録した状態で働くので、万が一の相談やサポートもしやすくなります。一定の期間に契約の更新がありますが、余程問題がない以上は解除されることはありません。

よってパートよりも、派遣社員として転職活動を行うことをオススメしています。
ただし、一概には言えないこともあるので、それぞれのライフスタイルにあった働き方を探してみてもいいかもしれませんね!

工場で働く時の注意点!

工場で働く注意点としては、体力的な部分で結構な負担があることです。
専門知識よりも先に体力を求められると言われるくらいですから、特に慣れるまでの期間は疲れやすくなるかもしれません。

それから勤務している人たちの世代が広く、10代から70代くらいまでの人が同じ職場にいるような環境が多くあります。

あまりコミュニケーション能力を必要とはしないと言われていますが、話の合う合わないがあるだけでなく、年下の先輩や年上の後輩という存在も大勢生まれます。工場の規模次第では頻繁に様々な世代の人と顔を合わせますから、接し方などへの配慮は考えておいた方がいいでしょう。

その他には騒音やニオイなど、個人個人で気になる項目があるかもしれません。
ニオイはその工場で取り扱っているものによって様々なので、そういう観点からの業種選びもしておくと安心できます。

騒音は大体の程度を想像できるでしょうから、仮に見学が可能な現場なら事前に見せてもらって働くかを決めてください。

工場への転職活動は、これからも人気な状態が続くと予想されています。
現実的な範囲で本格化させるのであれば、諸々のポイントと注意点を押さえて効率良く素敵な職場と出会ってください。

まとめ

いかがでしたか?
日本は産業界であることから、製造業が盛んです。
大小関係なく、技術力の高い日本の製造業で転職を考えてみてはいかがでしょうか??

皆様の転職活動の一助となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です