転職者必見★面接時の質問内容に気をつけて!人事担当者に聞いた!マイナスポイントの質問集!

転職活動の面接時に、「質問はありませんか?」と聞かれることはありませんか?

社会人になってから、疑問を探し、解消することはとても大切な事です。

面接時も同様で、しっかりとした質問ができるかどうかで、会社に興味があるかどうかがわかります。

しかし、だからと言って「何でも質問していい」という訳ではありません。

質の悪い質問をすることにより、採決に影響することも・・・。

今回は、採用担当などを行う人事の方に、リアルなNG集を伺いました!

避けたい面接時の質問集

面接前にしっかりと会社情報を収集して!

中小企業といえど、人事担当者は沢山の面接対応を行っています。その為、回答一つで会社のことを調べ尽くしているのかどうかは一目瞭然です。以下のような質問をされている方は注意が必要です!

実際にあった質問集

"御社の事業内容は何でしょうか?"
"御社は何年程、この業界にいられるのでしょうか?"
"御社が主要とする取引先はどちらですか?"

昨今、インターネット時代であることから、ほぼ間違いなく「ホームページ」が存在します。また、ホームページが無くとも情報収集ができる手段はあります。まずは下調べをしっかりと行い、面接に挑んでください!

ネガティブな質問は避けよう!

会社側としては、ポジティブに仕事を取り組もうとする方や、積極性のある方を採用したいと考えます。その為、ネガティブな質問には注意が必要です!

実際にあった質問集

"問題が起こったときに相談できる人はいますか?"
"未経験の私でもやれる仕事でしょうか?"
"定期的な研修はありますか?"

新たな環境に進むことは誰しも不安です。しかし、面接の段階でネガティブな質問は採用に結びつきにくいでしょう。「やってみなければわからない」かもしれませんが、面接を受けにきている以上、自信を持って自己アピールをしましょう!

福利厚生の質問ばかりは興味がないと思われる!

最近のアンケート結果で「仕事選び」の上位に位置する内容が「福利厚生」や「休日・残業」、「人間関係」などがあります。転職を行うにあたり、入社前に知っておきたい内容であることは間違いありません!

しかし、面接時の質問で「福利厚生」に係る内容ばかりを質問してしまうと、仕事に興味がないのでは?と思われてしまうことも・・・。

実際にあった質問集

"年間の休日数はどのくらいありますか?"
"体調不良時に休むことはできますか?"
"残業は何時間ほどありますか?"

転職時の福利厚生は、私も気になります!実際に、求人票と異なっていないか不安になるものです・・・。もちろん、全く質問してはダメという訳ではありません。前向きな質問に加え、こういった質問を挟むと良いかもしれません!

面接前にしっかりと準備を!

面接は、緊張しますよね!

テンパらず、しっかりとインパクトのある質問するために「準備」を入念に行っておきましょう。

ホームページや求人票などを隅々まで確認し情報収集するしておくことは言うまでもありません!

意地悪な質問をしたがる人事担当者もいます(笑)

逆を言えば、しっかりとした質問ができれば好印象を与えることは間違いありません!

1〜3つ程だけで大丈夫なので、これ!!っていう質問を考え、ポケットに閉まっておくことをオススメします!

まとめ

いかがでしたか?人事担当者から聞いたリアルなNG質問集はまだまだあります。順番にアップしていくので、是非参考にしてみてください!

皆さんにとって、面接が有意義な時間となりますよう願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です