転職する前に知っておきたい!介護施設の種類!違いはなに?

自らはもちろん、親などの年齢が高くなった際にも目を向けられるのが介護施設です。
一言で介護施設と言っても各々の施設形態に違いが存在するため、利用を考えている時には各施設の形態の特徴について把握してから選ぶと、安心かつ選びやすくなります。
今回は、施設形態について簡単にご説明します。
介護施設の利用はもちろん、「介護士」へ転職を検討されている方も是非一つの選別方法としてご確認ください。

介護施設の種類と違いは??

有料系老人ホーム

様々なシーンで見聞きする機会が多いからこそ認知度が高いのが介護付き有料老人ホームです。
65歳を超えていれば入居する事ができますし入居後には専門スタッフの手によって介護サービスが行われます。

介護施設に入所するときの値段は1ヶ月間あたり20万円から25万円です。
介護に関する費用も含まれていますが、介護付きの他に住宅型や健康型にも細分化させられるため、住宅型や健康型を選定すると介護施設に入所するときの値段は変動します。

複数の種類に細分化される中で最も安心感が高いのが介護付きです。
専門家が24時間にわたり施設に常駐し続けているので、日常生活や動作をする事が難しくなってきた方でも快適に生活できます。

施設の形態には自宅で過ごしているような印象が強く感じられる住宅型の有料老人ホームも存在します。
住宅型の有料老人ホームは60歳を超えていれば誰もが入居できて、入居した後には介護サービスを展開している外部の業者のスタッフにサポートしてもらえます。

住宅型の介護施設に入所するときの値段は1ヶ月間につき10万円で利用しやすいですし、利用しやすくて且つ個々のライフスタイルに合わせやすいからこそ有料の介護施設の中で最も数が多いです。

そのように存在している数が多い特性上、介護を必要としている度合いなどに応じて様々な選択肢の中から選べる状況が整えられている上に、外部の業者がしっかりとサポートしてくれるので食事や清掃はもちろん緊急を要する時にも迅速に対応してくれて安心です。

スタッフが行ってくれる内容の中には欲している物を代わりに買ってきてもらえる事もあるため、自分の自宅で暮らしているように気軽に過ごしながらも、買い物など身体に負担が生じやすい事柄は依頼できます。

特養(特別養護老人ホーム)

1ヶ月の費用が6万円から15万円というように、介護施設に入所するときの値段が特に低く設定されているのが特別養護老人ホームで、要介護の度合いが3以上かつ年齢が65歳を超えていれば利用可能です。

特別養護老人ホームにおける介護施設に入所するときの値段が低く設定されている理由は、入居に纏わる費用が介護保険が活用できる様子が挙げられます。
利用しやすい環境が整っているため希望者の数も多くて待機者も多いのですが、優先的に利用できるのは介護を必要としている度合いが高い方などです。

老健(介護老人保健施設)

また、介護施設の形態には低下した機能などを回復して再び元気に毎日を過ごしていく事を目的にしている事例もあり、1ヶ月9万円から20万円で利用できる介護老人保健施設は要介護の度合いが1を超えていれば、機能の回復を目的に短期間入所できます。
介護老人保健施設を利用する方に多いのは、交通事故などに見舞われた方や長期間にわたって医療施設に入院していた高齢の方で、交通事故による怪我から回復したり入院によって低下した体力を戻すために利用されています。

身体の機能を回復させる施設である特徴から施設内で活躍しているのは作業療法士もしくは理学療法士で、専門家によるサポートを受けつつ自宅に戻って再び元気に生活できる身体に戻していきます。

介護老人保健施設と同じように長期間にわたって滞在をする事は目的にしていない施設には介護療養型医療施設があります。
介護療養型医療施設は高い医療が提供される環境下にて介護を受けながら治療も受けられる病院です。
要介護は1以上であれば利用に関する条件を満たす事ができますが病院という特性上医師や看護師、医療機器などが充実しているので介護を必要とする度合いが高くても安心です。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)

そして、日々の生活を送る上で他者からのサポートを必要とせずに全てを自分だけで行える方でも入居可能なのが、15万円から25万円に設定されているサービス付き高齢者向け住宅です。
名称にもあるように、高齢者向けの住宅であるのに加えてサービスも展開されているため、建物内には常に管理者が居ますし生活に関する相談などをする事もできます。

管理者が常に居たり相談ができるなどのサービスは展開されていますが、高齢者向けの住宅が主であるが故に入居している時には特別な施設にて生活をしている様子は感じずに食事や買い物、掃除などができるのが特徴的です。

尚一層普段通りの生活をしたい方に適している施設の形態がシニア向けの分譲マンションで、年齢が50歳を超えていれば入居ができるという条件以外は一般的な分譲マンションと変わらないですし、分譲マンションだからこそ資産にもなります。

そして、高齢者向けの分譲マンションなので段差が存在しないように設計されていたり、手すりの数が多いなど安心感がある生活に繋げられるポイントが多々あります。

転職時にどういうお仕事を行いたいか

転職の際にも、様々な施設があることを前提に、どのように働きたいか若干異なってきます。

転職活動の上で、もちろん給与や時間帯、どんな企業なのか重要になりますが、施設形態にも少し目を向けてみると良いかもしれません。

それによって、働き方や、業務内容が若干異なってきますので、しっかりと見極めてくださいね!

まとめ

これから親を介護しなければいけない年齢に差し掛かる方も多いのではないでしょうか。
私も同様で、気にかけていく年齢となりました。
今はまだ、元気ですが、将来にために少しずつ情報を収集していく方が良いと思い、この記事を執筆しました。

また、これから福祉業界でお勤めになられるご予定がある方も、知っておくべき情報だと思います。

皆様にとって有益な情報となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です