GoToでワーケーションという働き方を実現!働き方を変えよう!

政府主導で注目を集めるGOTOキャンペーンは、それだけでも魅力的な内容です。
活用次第ではもっと魅力が増すキャンペーンなんです!

最近では、「仕事(ワーク)」と「休暇(バケーション)」をかけて、「ワーケーション」という働き方が流行し始めています!
もちろん、今現在ではそれができる職種は限定されてしまいます。
リモートワークとはいえ、自宅のパソコンに張り付きは少し疲れてしまう・・・。
ワーケーションという働き方を認めてくれる企業が増えれば、生産性も上がるかもしれません!

今回は、仕事や・コロナ疲れをしている方に、「GoToキャンペーン」について、記述します。
是非参考にください!

GoToキャンペーン手続き方法は複雑?

GOTOキャンペーン申請方法は、GOTOトラベルの場合だと還付手続きをすることになります。
旅行業者で予約した時は、キャンペーンの参画事業者から購入を行い、登録されている宿泊施設に泊まることが条件となります。
宿泊施設で直接的に予約を行った場合も同じく、参画事業者としての登録を受けていることが必要条件です。
予約サイトを通して手続きをしたケースにおいても、同様の条件が適用されることになっています。
還付の申請先は旅行の申込方法によりますが、旅行業者を利用した場合は旅行業者を通して、宿泊施設に直接代金を支払ったなら事務局に事後還付申請をする形です。
旅行者が事務局に事後還付申請を行うには、申請書と支払いが分かる書類、宿泊を証明するものと振込先の口座情報が必要です。
本人確認書類の用意も欠かせませんし、同行者の居住地が分かる証明書が必要になることもあるので、思ったより手間が掛かります。
ただオンラインでも申請は可能で、オンライン申請を選べば申請書や口座確認書は不要になります。

GoToをうまく活用する方法とは??

GOTOトラベルのうまい活用方法としては、クーポンを併用したり、ポイントを還元する旅行予約サイトを利用するのが基本です。
独自のポイントがつくカードを支払いに選ぶのも手ですし、宿泊施設に直接予約を行い現金払いをするよりも、かなりお得な利用が実現するはずです。

もう1つの上手い活用方法は、地域のキャンペーンを上手く利用することです。

GOTOトラベル地域共通クーポンの配付、利用が始まったこともあり、旅行代金の15%相当額がお得になります。

宿泊料金の還元と合わせると、合計で50%の還元が実現しますから、GOTOキャンペーンはますます魅力が高まっています。
ただし、使えるお店が限られていたり、紙や電子クーポンなど配付方法は旅行会社によるので、その点は事前の確認が不可欠です。

うまい活用方法を見つけるには、GOTOトラベルの公式サイトで、地域共通クーポンの項目から都道府県を選び、カテゴリで興味のあるお店を絞り込むのが良いでしょう。

地域のキャンペーンはGOTOキャンペーンだけでなく、各地域で独自に盛り上げようとする還元が行われる可能性もあります。
地域共通クーポンは、交通機関や電化製品の購入、コンビニでも使うことができますから、移動の足やショッピングなどに役立ちます。

つまり、魅力的なお店を探すのに使ったり、コンビニに立ち寄る際に節約できることを意味します。

一方、GOTOイートはプレミアム付食事券、オンライン予約によるポイントの付与が魅力です。

プレミアム付食事券は都道府県単位で販売が行われ、販売額の25%を国が負担することから、実質的に通常よりも25%お得に食事ができます。

プレミアム付食事券を利用するとお釣りはでないので、お釣りが発生しないように使うのがポイントです。
それと、1回あたりの購入金額上限が設けられていますから、購入前に確認して金額を決めることをおすすめします。

プレミアム付食事券のGOTOキャンペーン申請方法ですが、地域の販売窓口で代金を支払い、手に入れた食事券を飲食店で使用する流れです。
事後申請はできませんが、特に手間なく購入することが可能です。

政府はGOTOキャンペーンの一環として、GOTOイベントキャンペーンも計画しています。
10月中旬にチケット販売事業者の募集が行われ、その後具体的な実施が発表される予定です。
このキャンペーンはイベント事業者の支援が目的で、1回あたり2,000円を上限に支援が行われる見通しです。

消費者はイベントのチケットを購入する際に、割引やクーポン付与の形でお得になります。

GOTOイベントのうまい活用方法といえばやはり、GOTOトラベルで旅行をしたり、地域共通クーポンで移動して旅行先でイベントに参加する組み合わせです。
外出を控えて旅行をしたくても我慢していたのであれば、GOTOキャンペーンのフル活用こそが狙い目です。
商店街を支援するGOTO商店街の実施はまだですが、こちらは商店街が実施するイベントなどを支援するキャンペーンです。

集客や購買に繋がるイベントを促進するものなので、消費者が直接恩恵を受けられるわけではありませんが、しかし商店街が活気づいて地域が盛り上がる可能性に繋がります。

地域経済が再び活性かすれば、社会全体に好循環が生まれますし、回り回って消費者にとっても良い結果となります。

このように、GOTOと名前がつくキャンペーンはトラベルとイート、イベントに商店街の4つです。
地域共通クーポンも合わせると魅力が増しますから、魅力を最大限に引き出す為に、組み合わせて使ううまい活用方法を実践したいところです。

まとめ

感染症予防は、継続的に必要です。
マスクの着用等しっかり対策を行った上での旅行は是非存分に楽しみたいものですね!

冒頭にも記載したように、仕事やコロナ疲れが出ている人は多いでしょう。
だからこそ普段と違った場所で過ごすことによって、リフレッシュはもちろん、ビジネスの発想性も広がるかもしれません!

皆さんにとって、このキャンペーンで得られるものが素敵なモノになることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です