手にスキルが無い・・・これから転職する方は必見★1分でわかる!仕事や転職に役だつ資格は?東海地方

資格取得すると勉強で得たスキルによって知識や仕事の幅が広がります。

また転職やキャリアアップに役立つでしょう。

社会人が資格取得するメリット

  • キャリアアップができる
  • 別の業界に就職できる
  • 独立が可能

この記事では、仕事や転職に役だつ資格についてまとめていきたいと思います。

資格をとる前にやっておくべきこと

資格取得する際、何に気をつけていけば良いのでしょうか。

  • 資格をとるまでの期間を確認すること
  • 自身に合ったレベルの資格をとること

では、それぞれみてみましょう。

資格をとるまでの期間を確認・調べる

資格は取得するまでまである程度の時間がかかります。

資格を取得する理由にもよりますが、転職などを考えている場合は逆算して資格を取るようにしましょう。

資格試験は年に1回から数回と様々です。資格をとりたくても試験のタイミングと合わなければ見送りとなります。その点も踏まえて事前の準備が必要です。

自身に合ったレベルの資格を選ぶ

難易度を高いと合格率が低くなります。

自分の丈にあった資格をとりましょう。

難易度が高い資格は企業への貢献度があがります。

取得したい資格の難易度が高く自信がないがはいすぐに試験をするのではなくある程度勉強を重ねてから挑みましょう。

その方が合格の確率がアップします。

営業職で役立つ資格

営業士検定

日本営業士会が認定する『マーケティング・セールスのスペシャリスト』様々な営業ノウハウがある人を証明する資格。

精神論を重視する営業や近年の営業スタイルがあります。

営業士検定の資格取得を目指して勉強すると、基本的な営業業務・マーケティング力・企画力など営業に必要なことを学ぶことができます。

詳細はこちらから

販売士

販売士とは、販売するのに大切な知識・接客マナー・販売のテクニック・マーケティングなど流通業界についての知識ある人を証明する資格。販売士は、学べる内容が広範囲な為、幅広い業界の人も多く受験します。

営業職も販売職似た技術が必要です。ビジネスマナーも大事ですが、販売員の接客マナーを覚える必要があります。

詳細はこちらから

宅建士

宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法もとづき定められている国家資格者。

不動産会社に勤務した場合取得が必要となるでしょう。宅地や建物の売買・貸借などの取引・購入にあたり円滑な取引が出来るよう重要事項の説明などを行います。

不動産会社には、宅地建物取引士資格習得している人が5人中1人必要です。

これは法で決められているのです。宅建資格を取得すると、建築基準法・民法など様々な法律の知識が身につきます。不動産業界で働くならば必要な資格なのです。

詳細はこちらから

事務職で役立つ資格

社会保険労務士

社会保険労務士とは労働関連法令や社会保障法令に基づく書類等の作成代行・企業の労務管理そして社会保険に関する指導などを仕事として行う資格。

報酬ありきの仕事のため、必須の資格です。

人事や労務管理などの知識が身につくので企業の人事や総務で働く人にお勧めの資格です。略して社労士・労務士の名で親しまれています。

詳細はこちらから

MOS

MOSは、マイクロソフトのオフィスの基本的な使い方から応用操作までのテクニックが使えるかの資格。オフィスソフトは多くの企業で使用され、書類作成・データのまとめ・資料作成など事務仕事をする中でとても役に立つ資格と言えます。

オフィスソフトには沢山の便利機能がありますが、使いこなせないと仕事効率が悪くなります。

採用条件にMOSを求める企業は多いでしょう。

詳細はこちらから

日商簿記

日商簿記は、日の経理処理や決算書作成までの知識を学んだ人がとれる資格。

初級、3級、2級、1級とあり試験科目や難易度がことなります。

企業や官公庁、団体の財務の人にとって役立つ知識です。会社の金銭の流れそして財務の仕組みについて勉強したい場合は、必要な資格と言えるでしょう。数字をみる力や読み解く力を鍛えることができます。

まとめ

今回は仕事・転職などに役立つ資格についてまとめました。

資格の取得を検討している人は参考にしてください。

資格は将来きっとあなたの役に立つでしょう。転職やスキルアップのために十分に活用できます。

皆様の転職活動を応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です