ビジネスマンは第一印象が大事!初対面で好印象を与える立ち振る舞いとは?

(2020年4月6日更新)

アメリカのことわざで「第一印象を与えなおす2回目のチャンスは決して訪れない」とある様に、初対面の印象はとても大切です。

万が一、初対面を「失敗」してしまうと取り返しのつかない事にもなりかねません。

そのため、初対面で好印象を与える立ち振る舞いをしなければいけないのですが、初対面で好印象を与える方法をご存知でしょうか。

そこで、初対面で好印象を与える立ち振舞いについて詳しく説明をします。

意外と知らない!?第一印象とは

第一印象を良くするためにはまずは第一印象についてしっかりと知っておく必要があります。

第一印象とは「人や物に触れたとき、最初に受けた感じ」で、人や物を初めて見た時の最初の印象です。

出会って数秒で決まってしまうと言われており、第一印象が悪いとそれ以降どんなに頑張っても簡単には変えることができないのが現実です。

そのため、どんなに能力が高くても、どんなに素敵な人でも第一印象が悪いと、それだけで契約を打ち切られてしまったり、嫌われてしまうこともあるので注意が必要です。

大事な時こそ、この第一印象を大切にし、相手に接触をしなければいけないのです。

第一印象で好印象にするにはどうすれば良い?

第一印象で好印象を与えればその後、多少失敗をしてしまったとしても嫌われてしまう事を回避することができたり、相手とスムーズに仕事をすることができる様になります。

では第一印象で好印象を与えるにはどうすれば良いのでしょうか。

第一印象で好印象を与える際に必要なものそれは「笑顔」です。

笑顔でいるだけでも相手に好印象を与えることができ、真顔よりも笑顔の方が「優しい」、「接しやすい」という印象を与えることができます。

この笑顔でいる事は、仕事においてとても重要なことです。

その他にも第一印象で好印象を与える際に話し方に工夫をすることで、より相手と交渉がうまくいったり、仕事上で取引しやすくなります。

この笑顔と話し方さえ注意をすれば第一印象が好印象になること間違いなしです。

初対面でNG!気を付けるべきこと

第一印象で好印象を与えるやり方を紹介しました。

逆に第一印象でやってはいけない事があります。

それは乱れた「立ち振舞い」です。

立ち振舞いとは態度、話し方に通ずるのですが、どんなに話し方が優しくても、態度が悪かったらそれだけで第一印象が悪くなってしまいます。

腕を組んでしまっていた、ガニ股歩き、ガムを噛んでいる、これだけでも第一印象が最悪になってしまうので絶対に注意をしなければいけないのです。

実際に、それらの行為をしてしまったが故に、取引先から契約を打ち切られた、恋愛がうまくいかなかったといった失敗談が多く上がっており、一度失敗をしてしまうと、取り返しのつかない事態へと発展してしまうケースが多いです。

そして、初めて会う相手の場合、特に気をつけなければいけない立ち振舞い方として「聞き上手」です。

よく、第一印象を好印象にしたいと長話をしてしまったり、ずっと話の主導権を握ってしまったという人もいるのですが、本当の話し上手の人は「聞き上手」でもあります。

自分の話ばかりしていると、相手は疲れてしまい、第一印象で「自己中心的な考えの人」、「相手の事を考えない人」だと思われてしまう恐れがあります。

初対面の相手と話す際は自分の話ばかりではなく、しっかりと相手の話も聞いて、相手がどんな人なのか、どんな事が好きで、食べ物は何が好きなのかを知るということはとても重要なことでもあります。

ぜひ、相手の話もしっかりと聞いて、余裕を持ちましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やっているつもりでも実は間違ってしまっている、逆効果だったという人も中にはいます。

今一度、第一印象で好印象を与えるテクニックを身につけているのか、間違っていないのかを確認することが大切です。

そして、今回紹介したやり方をぜひ参考にして、大事な仕事で成功を手にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です