1分で理解★派遣コーディネーターに転職するコツをご紹介!

今回は、「転職コツ」シリーズの「派遣コーディネーター」をご紹介いたします!

派遣コーディネーターの役割

人材紹介会社もしくは人材派遣会社にて、人材を求めているクライアントの企業と内容や条件を定めて活躍したい仕事場を求めている求職者の仲介役となり、各々の条件または要望を理解しつつ時には交渉を行い双方においてより良い契約を実現させるのが派遣コーディネーターです。

派遣コーディネーターとなり活躍するには、取り分けて必要になる資格は存在しないものの直接的に人や企業の役に立つ事ができますし、個人的にキャリアコンサルティングに纏わる資格を取得していれば優遇してもらえる事例も多いです。

そのため、派遣コーディネーターとして働く時には事前に資格を取得しておく必要性や得ておくスキルも存在せず、パソコンを用いた基本的な作業やコミュニケーションのスキルを持ち合わせていれば転職が可能です。

そのように、派遣コーディネーターは転職がしやすい仕事であるが故に同様に転職先に考える方が少なくないため、規模が大きな企業かつ正社員としての転職を希望しているのなら四年制大学を卒業している事などが有利になります。

他にも競争率が高い印象を受けるのなら最初から正社員として採用してもらう事を目指すのではなく、最初は契約社員として採用してもらい以後キャリアアップをしていくのにつれて正社員登用をしてもらう計画を立てるのもコツです。

そのような契約社員から正社員登用をしてもらう事例はもちろん、当初から正社員登用してもらう事例においても必須ではないものの、個人的に国家資格のキャリアコンサルタントを得ておくとより良いです。

キャリアコンサルタントは相談者をサポートする目的を持った国家資格で、取得したい時には国が認定している講習を終えている必要性があり、講習の様子は難しい内容ではないですが講習を受けた経験があると証明するきっかけが得られるようになるため、転職時に採用担当者に即戦力になるなどの良い印象が与えやすくなり採用が得られやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?
「転職」は、かなり労力がかかるものです。
また、誰もが「やりたい事」があるわけではありません。
そんな時、派遣コーディネーターがいれば、求職者にとっても安心して転職に挑めるものです。

是非、当業界へ転職する際の参考にしてくださいね!
読者にとって、転職が「素晴らしいもの」になる事を心より願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です