転職時の面接で困らないために!事前に準備しよう!

転職活動で面接に困らない為には、しっかりと準備をしてから本番に臨むことが大切ですよね。
よくある困ることといえば、やはり想定外の質問が飛んできたり、質問に対して悩んで言葉に詰まってしまうことでしょう。

定番な内容は準備ができる

定番の質問としては、今までどのような会社でどういった経験をしてきたか、特定のスキルを持っているかなどです。
また、「志望動機」もよくある質問ですから、想定自体は難しくなく事前にシミュレーションして回答を用意できます。

一方では個人について、つまり「パーソナリティー」に関する質問もありますが、こちらも長所と短所や挫折、成功体験といった内容に留まります。
普段の過ごし方や仕事との向き合い方、ストレス解消に関する質問も想定可能なので、このような質問であればまず困らないですね。
他にも、希望の年収や入社後にチャレンジしたいこと、転職で重視することや将来のキャリアプラン、5年後や10年後になりたい状況なども面接の定番です。
これらはどの企業でも標準的な質問項目なので、過去に転職経験があったり、面接を沢山受けたことのある人なら余裕でクリアできます。

業種によっては意地悪な質問も?対策しよう!

ところが、「会社についてどこまで詳しく知っているか」深く探られたり、突拍子もない内容で相手の反応を見る質問が行われると困ります。
例えば思考が重要なIT企業などでは、想像力を評価したり、理論的な結論を導き出す為の質問もあります。
こういった業種は「発想力」「想像力」が大切であることから、まだ納得はできます。

しかし、転職希望者の「ストレス耐性」をはかることを目的とした、圧迫面接については非常に困りやすいといえます。
この「圧迫面接」も一昔前に比べ、緩和されてきましたが、まだまだ厳しい企業もあります。

否定的に聞こえることを言われると傷つく、責められていると感じると落ち込む人は、本番で困らない為に事前の対策が不可欠です。
勿論、意地悪も度が過ぎると人格の否定に繋がるので、あまりに理不尽に感じられる面接をする企業は、採用されたとしてもこちらから願い下げた方が良いでしょう。

あくまでも、面接の場面において少し意地悪な質問がされるのは、どんな業種や企業でもあり得ることです。
特に初めて転職活動をする場合だと、想定外の質問に戸惑ったり答えに困りがちです。
どういう状況でも困らないようにするには、自らを見つめる常に『客観的な視点』を持ち、冷静な状態を客観視するのが基本となります。

質問の意図が分かる場合は、内容を組み立てて簡潔に答えるのがベストです。
逆に、意図が分からず答えに迷ってしまう時でも、冷静さは忘れないようにしたいところです。
実は答えが正しいかどうかは関係なく、「心理テスト的」に反応から人物像を評価する質問もあります。
・・・かなり意地悪ですよね(笑)

その為、長く考えても「相手が求める答え」が出るとは限りませんし、頓珍漢な回答をしてしまっても仕方がないわけです。

分からないことを尋ねるのは決して恥ずかしくありませんし、確認してから答えた方が頓珍漢な回答を避けることができます。

圧迫感を覚える相手の態度や質問に関しては、否定的なことを言われても、あえて相手が厳しく接していると思えば少し気が楽になりますね。
プライバシーに関することを答える義務はないので、回答を断っても良いと理解しておけば、圧迫されても対等に話ができて困らずに済みます。

まとめ

いかがでしたか?
文中でも記述したように、まだまだ圧迫面接のような意地悪な質問をしてくる企業も実際に存在します。

最近では面接官が転職者に対して聞ける内容も限られています。
あまりにもプライバシーに関わる内容を聞かれるのであれば、それは別の問題が発生します。

とはいえ、企業側もより「カラー」に沿った人材を採用したいでしょうから、意地悪な質問を受けても仕方ないかもしれません。

最近ではインターネットで「どういった質問を受けたか」など共有しているサイトも存在します。
しっかりと準備し、面接へ挑んでください。

皆様の転職活動が良い結果となるよう心より応援しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です