納得できる人生を送るために、キャリアアップを考えよう

仕事に邁進していれば、自然と「キャリアアップしたい」という感情を抱く人は、多いでしょう。

そのときに、真っ先に思い浮かぶのが「転職」ですよね。

しかし、キャリアアップを考えるには順番があります。

そうして考えた結果「転職」ではない選択肢が出てくることもあります。

今回は、キャリアアップとはどういうものなのか、キャリアアップするための目標設定についてご紹介します。

自分が納得できる人生を送るためのキャリアについて、ぜひ考えましょう!

キャリアアップとキャリアチェンジの違いにご用心

「キャリアアップ」という言葉は、よく耳にしますよね。

ことばの雰囲気からすると、「より給料の高い会社に転職すること」「自分の専門分野で、今よりいいポジションでヘッドハンティングされること」こんなふうにイメージすることが多いと思います。

もちろん、これもキャリアアップです。

ただ、転職することだけがキャリアアップというわけではありません。

自分が今いる職場でキャリアアップを目指すこともできるということを頭に入れておきたいものです。

また、自分はキャリアアップのために転職するつもりでも、他業界や異なる職種に就く場合、それはキャリアップではなくキャリアチェンジというものです。

キャリアチェンジが悪いわけではありません。

長い人生ですから、途中でやりたいことが変わることもあって当然です。

ただ、このふたつを混同して転職活動をしてしまうと、「キャリアアップのつもりだったのに、結局ただキャリアチェンジしただけだった」ということや、その反対の現象が起こります。

ですから、自分にとってキャリアアップとはどういうことなのか、何を達成できたらキャリアアップにつながるのか、ということを考えて動く必要があります。

転職してキャリアアップする? 今の職場でキャリアアップする?

前項でご紹介したとおり、キャリアアップするための手段は転職に限りません。

キャリアアップとは、より高い資格や能力を身につけることをいいます。

ですから、今いる職場でキャリアアップすることもできるわけです。

「キャリアアップしたい!よし、転職だ!」と考える前に、まず今いる職場でキャリアをアップさせる方法はないか考えてもいいのです。

すぐに「転職」という結論を出してしまうと、何度も転職を繰り返す人生になってしまう危険性もあります。

こうなると、キャリアアップどころかキャリアダウンにもなりかねないので、冷静に考えるようにしましょう。

キャリアアップするには目標設定が必須

では、満足の行くキャリアアップをはかるにはどうしたらいいのでしょうか?

大切なのは、「ゴール設定をする」ことです。

次の3つのゴール設定についてご紹介します。

最終的なゴールを設定する

まずはじめにすることは、自分のキャリア人生において最終的に到達したい目標・ゴールを設定することです。

年齢にもよりますが、ここはかなり遠い未来の設定なので、理想が入っていても大丈夫。

大いに理想を描きましょう。

もうひとつ、「はたらく」ということを考えるときに重要なのが、どんな場所で仕事をするか考えることです。

キャリアは人生と切り離せないものです。

また、家族の生活との兼ね合いなどもあります。

これらをすべて含めて、最終的にどんな場所で生きていたいのか、どんな場所で生活することが可能なのか、といったことを具体的に想像してみましょう。

昨今はリモートでできる仕事も増えているので、そういった場合はキャリアと「はたらく」場所を別に考えられます。

中期目標の設定

最終的なゴールが設定できたら、次に中期の目標をたてましょう。

5年単位くらいで考えるといいでしょう。

最終ゴールに到達するために、これから5年ほどでどう動くべきか、作戦を練ります。

先程ご紹介したとおり、「今いる職場で達成できることなのか、途中までなら今の職場で達成できるのか。そうだとしたら、どこまで達成したら転職を考えるべきか。転職は何年後までにするべきなのか」こういったことを掘り下げていきましょう。

ここは最終ゴールよりも現実に即した考えが必要です。

短期目標の設定

中期の目標が決まったら、最後は短期の目標を設定します。

これは、半年から一年単位で考えましょう。

中期目標で設定した内容に近づくために、自分はこれから半年・一年で何をすべきなのか。

もしも、すぐに転職することがキャリアアップへの道ならばそのために動き出すことも必要になります。

また、勉強が必要ならばすぐにでも取り掛かる準備をしましょう。

納得できる人生を送るためにキャリアを考える

人は誰も、自分が納得できる人生を生きたいと思っているでしょう。

人生を構成する要素は人それぞれ、いろいろありますが、仕事が人生に占めるスペースは、結構広いものです。

そのスペースが納得できるものでなければ、人生を納得して送ることはできません。

だからこそ、キャリアアップを考えることが大切になってきます。

勘違いしないでいただきたいのですが、上昇志向を高く持ち、上り詰めることだけがキャリアアップではありません。

自分の人生を納得して生きるために、自分のペースに合ったキャリアアップを考えることが大切なのです。

まとめ

いかがですか?

キャリアアップを望むとき、まず考えるべきは長期的なキャリアのゴールです。

それがはっきりと見えていることは、納得した人生を送るためにとても大切なことです。

「キャリアアップのために転職をしよう」と考えている人がいたとしたら、急がず焦らず、まずそこから考え始めることをおすすめします。