時間効率UP!やらないことリストを作る

やりたいことがあるのに、時間がないと感じて先回しにしている時ありませんか?

また、仕事が忙しすぎて大切な家族との時間やプライベートが削られていることはありませんか?

人は平等に1日24時間与えられているにも関わらず、時間に余裕のある人と余裕のない人がいます。

余裕のない人は忙しいことを理由に、本来自分が大切にするべきことを見落としている可能性があります。

そこで今回は時間効率をアップさせて、時間的余裕を確保するコツをお伝えします。

時間効率を上げることで自分と向き合うことができ、やりたいことに時間を使うことができるはずですよ!

『やらないことリスト』を作る

時間管理が上手でないひとは「コト」を捨てるのに躊躇しているはずです。

この「コト」とは「するべきこと」です。

しかしそれは本当にあなたがやらなければいけないことなのでしょうか?

時間に余裕のない人が陥る典型的なパターンは、仕事は増え続けるのにやらなくていい仕事まで抱えていることです。

任されることは増えていく一方、自分でなくてもいい仕事やしなくてもいい仕事を捨てられずにいます。

服を買う時と同じですね。

服を買うためにはクローゼットが整理され、服を片付ける場所がなければいけません。

いらない服を必要な人にあげるとか、リサイクルショップに出すとか、あるいは捨てるとか。

しかし片付けられない人は捨てることが苦手です。

いらない服でも「いつか着る」と捨てるのを躊躇し、クローゼットは服であふれています。

その中で新しい服を購入しても、整理されていないクローゼットにしまうことでその服の魅力が半減してしまいます。

この例えと同じことが仕事でもいえるのです。

つまり自分にしかできない仕事や、優先順位が高いものに取り組むことが最重要であり、誰でもできる仕事や後回しにしてもいい仕事は誰かに引き継いで仕事の断捨離を行う必要があります。

これが『やらないこと』を作るということです。

やらないことリストを作るメリット

やらないことリストを作るメリットは3つあります。

時間に余裕ができる

1つ目は時間に余裕ができることです。

「落ち着いたらやろう」や「行けたら行く」はいつまでたっても実行されません。

しかし、やらないことリストを作ることで今までやっていいたムダなことはやらずに済みますよね。

その時間から余裕が生まれ、心にもゆとりを持つことができるはずです。

やりたいことが分かる

やらないことを明確にすることで、結果的に「やりたいこと」が見えてきます。

「本当の自分が分からない」「やりたいことがない」と思っていても、やりたくないことを1つずつ挙げていくことで、自分が何を大切に生きていきたいのか気づくことができるのです。

例えば、朝が苦手という場合。

早起きできないのであれば、無理して起きる必要はないのです。

テレワークやコアタイム制度を取り入れている企業に就職し、自分が好きな時間に働けるようにすればいいだけなのです。

強みを強化できる

近い将来誰にでもできることよりも、自分にしかできないことの方が重宝される時代になります。

誰にでもできることはAIに任せるからです。

そのため限られた時間のなかで自分の強みや感性を伸ばす必要があります。

チームワークでも同じです。

皆同じ能力やスキルを持った5人で仕事をするよりも、それぞれの得意分野を持った5人の方がいい成績が得られるはずです。

得意な人に仕事を任せることができると同時に、チームの信頼関係も高まります。

このように、自分の強みを理解し、伸ばす時間を確保するためにも時間的余裕が必要なのです。

やらないこと おすすめ3選

やらないことリストを作ることで時間的余裕が生まれ、やりたいことが明確になるということが分かりました。

では最後に、やらないことの例としておすすめ3つを紹介いたします。

100点を目指さない

何事も100点ではなく、80点くらいを目指すように心の余裕を持つことが大切です。

仕事の場合、100点1つだけよりも80点を5つの方が信頼は高まります。

安定した成果を上げることができると評価されるためです。

自分自身にも余裕が生まれるはずです。

責任感が強い人ほど、最後までこだわりを持って仕事をします。

しかしその結果他の業務が疎かになっていてはいけません。

「このくらいで大丈夫」と目安を決めて、他の業務にも手が回るようにしておくことで、効率が各段に上がります。

苦手な人とは付き合わない

幼い頃は「クラス全員で仲良くしましょう」なんて言われていましたが、大人になるとそうはいきません。

苦手な人は必ずいます。

仕事上付き合うのは仕方のないことですが、ププライベートは自分が過ごしたいと思う人と過ごすべきです。

幼馴染の友人からお誘いがあっても、その人のことが苦手だと思うなら断ればいいのです。

苦手な人に時間を割いていては疲れるだけで、そのあとのパフォーマンスも低下してしまいます。

大人になった今だからこそ、本当に付き合いたいと思う相手とだけ、つながっていればいいのです。

誰かに依存しない

結婚している方、家族や恋人がいる方にはぜひ知っておいてほしいことです。

愛しているのであれば、依存せず自立することを目指しましょう。

自立しているからこそ、長続きするはずです。

互いを尊敬し、高めあうことで安定的な愛を保つことができます。

相手との関係を維持するためにも、自立は必要なことなのです。

やらないことリスト で時間に余裕を

今回は時間効率をUPさせる「やらないことリスト」について紹介しました。

豊かな時間を多く使いたいと思っているのであれば、極端なくらい前のめりに取り組んでみましょう。

このリストは、自分で選んで改善していけるものです。

どのような選択をするかもあなた次第です。

よりよい自分になるためにも、「コト」の断捨離をしてみましょう。