抜け出せば選択肢が広がる!3つの思い込み

人間が無意識に感じてしまう思い込み

英語にすると「bias」バイアスと読み、偏りを意味します。物事に対する視野を狭め、偏った見方をしてしまうことを指します。

今回は人生において無意識に感じてしまっている3つの思い込みをご紹介します。

意識するだけで、思い込みを排除し公正な判断をすることができるはずです。

転職するときはもちろん、進路を決める時や結婚する時など、人生の岐路で立ち止まって判断する際に、一度胸に手を当てて思い込みを取り除いてみましょう。

決断を邪魔する3つの思い込み

知識不足による思い込み

人間は手に入れやすい情報や自分にとって馴染みのある情報を収集し、左右されてしまいます。

例えば一杯500円のコーヒーと一杯2000円のコーヒーがあったとしたら、どちらが美味しいと思いますか?

この場合、2000円のコーヒーの方が美味しいと判断するのではないでしょうか?

このように判断材料が価格しかない場合、他に比較するものがないため手軽な情報に頼ってしまいます。詳しくコーヒー豆の産地や煎り方など調べることをせずに判断してしまうのです。

 

スマホで簡単に見ることができるネットニュースも同じです。ネットニュースで掲載されている内容に誤りがあるかもしれないのに、それを事実だと鵜呑みにしてしまうのは情報に惑わされていると言えます。

事実を自分の中で確実なものにしていなければ、浅い知識の中で生まれた狭い見解しか思い浮かびません。

これは転職活動においてもいえることなのです。「介護の仕事は大変そう」などの一端の知識や経験談では介護職本来の仕事を知ったことにはなりません。

具体的に「介護の仕事のどのような部分が大変だと感じるのか」「大変ながらにやりがいを感じるときはいつか」などネットの情報のみならず、あらゆる媒体で調べることが大切です。

自分が描いている事実をより本物の事実に近いものにすることで、転職後のギャップをなくすこともできます。

現状維持の思い込み

転職活動をする理由は「今よりもっと成長したいから」「今よりもさらに良い環境にしたいから」などが挙げられると思います。

このような考えで転職を決意したあなたは思い込みに囚われず、新たな自分を歩みだそうとしているのです!

現状維持の思い込みとは、「今の環境が悪かったとしても、なるべく現状を維持しよう」と思ってしまうことです。

なぜ現状維持の選択をしてしまうのか。

それは今を変えることで、未来が今より悪くなってしまうことを恐れて行動に移せないからです。

未来が今よりも悪くなる可能性があるのであれば、今を何とか生きていければいいと思ってしまうバイアスです。

例えば、悪い恋人から抜け出せない時にこの思い込みが働いています。

浮気性やDV気質の恋人にも関わらずなぜか付き合い続けているのは、今のままで何とか生きていこうと思ってしまっているからです。

ようやく別れられたとしても、また同じようなタイプの人と付き合ってしまうこともあります。

これは自分のことを大事にされないことに慣れてしまっていて、同じような特徴の恋人を無意識に選んでしまっているのです。

自分を大事にされるお付き合いが未知の領域で、知らない世界だと感じてしまい、飛び込めないのです。

何か判断や決断をする時には、まずこの思い込みをしてしまっていないか自分を疑ってみることが大切です。

「現状維持の選択をしてチャンスを逃してはいないか」「本当に今のままで数年後幸せだと感じることができるのか」自分の胸に聞いてみてください。

また現状維持の思い込みや癖が抜けない場合には、極端に環境を変えてみることをお勧めします。

まずは服装を変えてみたり、インドアであれば出かける頻度を増やしてみたり。

大きく考え方を変えることができるのは、人間関係の見直しです。チャレンジ意欲が高い友人と付き合うようにして、自分自身の環境や考え方を少しずつ変えていきましょう。

ギャップの思い込み

最後はギャップに対しての思い込みです。

このバイアスは「夢が叶ったら、素晴らしい人生が送れる」と思ってしまうことを指します。

例えば「10億円当たったら、毎日幸せになる」と考えるのは、この思い込みの沼にハマってしまっていますね。

人間の喜びはそう長続きしません。

夢やお金を手に入れても一時的に歓喜することはできますが、その後の人生ずっと喜びが継続することはありません。

しかし人間は自分の理想が叶ったときに湧く感情を高く見積もりすぎる傾向があります。

その場合、自分の見積もっていた幸せ指数と、実際の幸せ指数に大きなギャップを感じてしまうのです。このギャップが大きければ大きいほど、絶望感や落胆が大きくなります。

結婚が典型的な例ですね!「結婚したら幸せになれる」と結婚=ゴールという考え方をしてしまうと、生活の中でひずみがある度に減点方式で悲しみが増えていきます。

結婚や転職は大きな人生の決断はゴールではなく、スタートであり、そこから歩み続けるのだと思うことでこの思い込みから抜け出すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本能的に感じてしまう無意識の思い込みは、あらゆる場面で現れます。

しかし意識をして自分を疑う心を持つだけで、この3つの思い込みを突破することができ、それが大きなチャンスにつながります。

大きな成長を遂げるためにも、小さくて面倒な思い込みを排除してみてはいかがでしょうか?