女性にとっての理想の働き方は千差万別。 自分に最適のワークライフバランスは?

ライフイベントが多い女性にとって、働き方というのはときに悩みのタネになります。

時短勤務やパート勤務、フルタイムなどなど。

いろいろな選択肢があるだけに、どうするべきなのか迷ってしまうことも多くなります。

そこで、今回は自分にとっての理想の働き方を模索する、ワークライフバランスについてご紹介します!

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、仕事と、家庭や趣味などに割く時間の割合のことです。

どちらも同程度の割合が良い、ということではなく、仕事に重きを置きたい人は「ワーク」の割合が多くてよく、反対に趣味や家庭のことに重きを置きたい人は「ライフ」に重きを置いたほうがよいということです。

自分のライフスタイルや軸にしたいことに合わせて、自分が望む割合でワークとライフに取り組めることが、ワークライフバランスがとれている状態といえます。

当然ながら、このバランスがとれていると人生が充実します。

仕事に翻弄されていて家庭に目が向けられない人や、自分らしくいられる時間が持てない人、反対にもっと働きたいと思っているけれど思い通りにならな人など。

こういった人は、改めて自分のワークライフバランスを考えてみると、自分にとってバランスの取れた状態が見えてくるかもしれません。

女性にとってワークバランスが重要になる理由

ワークライフバランスは、男女問わず考えるものです。

しかし、女性の場合は出産や育児などといったライフイベントが多くなります。

その流れで、女性が仕事をセーブして育児の担い手となり、PTAや地域のボランティア活動にメインとなって参加する機会も多くなります。

そのため「ライフ」に重きを置く人が多くなるのです。

こういったライフイベントの流れから、男性に比べて、バランスというものを考える機会も増えていきます。

子供が生まれたら育児休暇を取得するのか、専業主婦になるのか、その場合はいつ仕事復帰するのか、復帰するときは正社員になるのか、パート勤務を選択するのか。

ザッとあげただけでもこれだけの選択肢があり、そのバランスの選び方は人それぞれです。

「自分はどうしたいのか」といった希望だけではなく、「どうする必要性があるのか」「希望とは違うけれど、今現在はどうしなければいけないのか」といった、それぞれの立場の違いによってさまざまな選択に悩む機会も増えていきます。

こうしたことから、必然的に女性はワークライフバランスを考え、模索する必要が出てくるのです。

ワークライフバランスをよりよく保つための選択肢

副業を持つ

「趣味や特技などを収入につなげたいけれど、本業としてやっていけるほどではない」という場合には、副業としてトライしてみる方法があります。

ライフが充実する上、収入にもつながるので一石二鳥です。

テレワークの選択

ここ数年で、テレワークの仕組みが多くの企業でできてきています。

子育てや家族の介護など、「ライフ」に重きを置きたい人は、出勤する時間がないだけでも、かなりメリットのある選択肢になります。

時短勤務

小さな子供を持つ女性が多く活用している制度です。

正社員でありながら、時短勤務にすることで、家事や育児に割ける時間が多くできます。

フレックス制度の活用

自分の都合に合わせて自由な時間に出社できるフレックスタイム制度のある企業は、女性にとって働きやすい職場です。

コアタイムを設けている企業もありますが、その時間帯だけマストで出社できていればいいので、育児などとの両立もはかりやすくなります。

夫婦間で家事分担を話し合う

女性が家事や育児の主たる担い手にならなければいけないわけではありません。

妻が主な働き手となり、夫が家に関する仕事をする家庭もあります。

そうでなくても、夫婦が同じくらい家庭のことに時間を割くといったスタイルもあります。

こういったことを夫婦で話し合い、その家庭にいちばんしっくりくるワークライフバランスのあり方を模索してもいいでしょう。

企業内保育所などの活用

企業内に保育所を設けている会社があります。

こういった福利厚生が充実していると、保育園の送り迎えの時間がなくなり、子供が同じ施設内にいるという安心感も得られます。

就職活動の際に、企業内保育所がある企業を応募先の候補として考えるのもいいでしょう。

女性にとって理想の働き方は千差万別

ワークライフバランスが自分の希望通りのものになっているとき、人生は充実します。

趣味や家庭のことなど「ライフ」に重きを置きたい人、反対に仕事でバリバリ上に上がりたいという「ワーク」に重きを置きたい人。

その希望は千差万別です。

どうできたら理想という形が決まっているものではなく、人それぞれの理想形があります。

また、それは自分のライフステージの変化によっても変わってきます。

女性は、一生の中でこういった変化が男性に比べて多くなるため、そのたびにバランスを試行錯誤することになるのでしょう。

「そのときの自分にとって、どういったバランスが理想なのか」ということを考えて、「ワーク」と「ライフ」を充実させていきたいものですね。

まとめ

いかがですか?

今回は、女性にとってワークライフバランスが理想的な割合でとれる選択肢についてご紹介しました。

ぜひ、今の自分にとっての理想のバランスを模索してみてくださいね!