印象に残る自己PRの書き方 3ステップ

転職の際、履歴書や面接で必要な自己PR。

必ずと言っていいほど聞かれますよね。

必ず聞かれるということは、企業が重要に感じている項目だということです。

それほどまでに重要な自己PRを採用担当者の印象に残すためには、何が必要でしょうか?

今回は印象に残る自己PRの書き方についてご紹介します。

たったの3ステップで、採用担当者の心に残る文章を仕上げることができ、面接でもスムーズに伝えることができるはずです。

ぜひ、活用してみてくださいね。

自己PRで伝えるべきこと

自己PRは、

『企業が求めている能力を、自分が兼ね備えていると証明すること』

です。

この大前提を忘れずに書きましょう。

よくある例として自分の強みを主張していても、それが企業の求める人物像に当てはまっていないことがあります。

企業が求める能力は、企業それぞれにあります。

ただ自分の強みだけをアピールしても、それは一人よがりな自己PRになってしまいます。

採用担当者の心には届きません。

特に中途採用の場合は、今空いているポストにマッチしている人材を探しています。

どのような力を持った人が欲しいのか、企業側は明確です。

自分の優秀さを主張するよりも、企業や部署との相性の良さをアピールする方が「マッチングが高い」と判断してもらえますよ。

企業とのマッチングを証明し、アピールすることが自己PRでは最重要なのです。

自己PRを作る3つのステップ

自己PRは、

  1. 志望企業が求める力を推測する
  2. その力に合わせたエピソードを探す
  3. 構成を意識する

の3ステップで仕上がります。

志望企業が求める力を推測する

これは情報収集です。

企業研究とも言えますね。

まずは、求人情報に乗っている「求める人物像」を要チェックしましょう。

そこに答えが載っています。

コミュニケーション能力が高い人、積極的な人…など様々です。

しかしどれも抽象的なものが多く、詳細までは分かりません。

その場合は企業の公式HPや就職四季報をチェックします。

その企業がどのような事業に力を入れてきたのか、これからどのような取り組みをしていくのか、企業が発信しているメッセージなどです。

そこから求める人物像のブラシュアップをしていきます。

そして企業にとって必要だと思う力を推測して、いくつか挙げていきましょう。

ここでは、調べた上で考えることが大切です。

情報をもとに推測し、仮説を立てるのです。

その力に合わせたエピソードを探す

企業が求める能力が推測できたら、自分がその力を発揮したエピソードを探してみましょう。

先に企業のニーズを知ってからエピソードを探すことで、よりマッチングが高い志望動機になりますよ。

例えばこの2人で比較してみましょう。

前職で営業経験があるAさん。

Aさんは営業で培った『コミュニケーション力』を自己PRにしました。

そして同じく営業経験があるBさん。

Bさんは先に企業が求める人物像をチェックし、そこで『課題解決力』が求められていることに気が付きました。

そのためAさんと同じ営業職であっても、切り口を変えて『課題解決力』に関するエピソードを自己PRに含めました。

さて、どちらの方が採用担当者の印象に残ったでしょうか?

はい、Bさんですよね。

Bさんは企業が求めている能力に自分を当てはめて、マッチングの証明をしました。

つまり、求められている能力が証明されるエピソードを見つけてアピールすることが大切なのです。

構成を意識する

内容が決まったら、構成を意識しながら書いてみましょう。

採用担当者は数多くの履歴書を読みます。

そのため読みやすい文章の方が内容まで深く読み込んでもらうことができるのです。

構成は、

  1. 結論
  2. 根拠
  3. 具体策

の順です。

結論では「私の強みは〇〇です」と言い切りの主張をします。

次に根拠となるエピソードを交えながら説明します。

エピソードでは、

状況→課題→行動→結果

の順でストーリーを意識して考えてみてくださいね。

どのような状況で、どのようか課題を見つけたのか。

課題解決のためにどのような行動をとったのか、そしてその結果や成果を伝えます。

業績や数字を用いて伝えると、具体的で分かりやすくアピールすることができますよ。

採用担当者は、エピソードに焦点をあてて自己PRをみています。

エピソードが順序だてて説明できていないと「状況が把握できていなかった」「主体的に行動していない」とみなされてしまいます。当然、採用担当者の心には響きません。

構成とストーリーを意識して自己PRを考えてみてくださいね。

最後の具体策では、入社後にどのようなことに貢献できるのか、何ができるのかアピールします。

「〇〇の能力をこのようなシチュエーションで活用できる」と採用担当者にイメージさせることができたら、立派な自己PRの完成です!

まとめ

まず、自己PRとは、

『企業が求めている能力を、自分が兼ね備えていると証明すること』です。

ただ自分の能力やスキルをアピールするのではなく、企業にマッチした能力を見つけることが大切なのです。

このことを大前提にして次の3ステップをふみましょう!

  1. 志望企業が求める力を推測する
  2. その力に合わせたエピソードを探す
  3. 構成を意識する

構成立てるときは、エピソードが大切です。ストーリー風に順序だてて説明できるようにしましょうね!

ぜひ、活用してみてください!