ビジネスマナーが大事!上に立つひとが必要なものとは?

経営者など人に指示をだす立場に置かれる人は正しいビジネスマナーを身に付けなくてはいけません。

経営者がしっかりしている人であれば会社自体の評価が高いと言われています。また、仕事上でマナーは必要不可欠です。バリバリ仕事ができる人はマナーがちゃんと備わっています。

今回は経営者など上に立つ人にとって必要なものについて解説していきたいと思います。

経営者に必要なもの

1 身だしなみ

身だしなみを整えていると第一印象が良くなります。事業に成功した人は皆、身だしなみを整えています。

外見から相手にあたえる印象は、その人のイメージを見た目で決めつけてしまいがちです。

経営者や上の立場になってくると、ビジネスシーンに合う服装をしなければなりません。自分自身もそうですが会社の評価を高め、ビジネスを掴めるチャンスなのです。

相手を見極めるとき「相手が何を喋ったかではなく、外見そして、身なりが重視される」という研究結果がでているのです。

身だしなみが乱れていると社会人として疑われてしまいますので注意が必要です。

身だしなみを確認する時は、以下のポイントを確かめましょう。

  • 髪 ⇒ 寝癖がないか確認
  • スーツ ⇒ シワがないか確認、シャツの襟を正す
  • ネクタイ ⇒ 真っ直ぐに結べているか確認
  • ボトムス ⇒ 裾の長さが適切か確認
  • 靴 ⇒ 汚れがないか確認
  • 髭 ⇒ 剃り残しがないか確認
  • メイク ⇒ 濃いメイクになっていないか確認※ナチュラルメイクが最適。

家を出る前に毎朝鏡をみてチェックしましょう。

最低限のビジネスマナーを守ることが大切です!

2 挨拶

挨拶はとても重要です。初対面の人と会った時にまず最初にする行動は「挨拶」です。挨拶には人柄がでてしまいます。挨拶はビジネスマナーの基本中の基本です。

挨拶は社内、取引先、対面の方など多様な場で使います。

また、コミュニケーションとして用いられています。挨拶はとても重要であり、自分の評価をあげるチャンスなのです。

3 言葉遣い

基本的なビジネスマナーです。言葉遣いは挨拶、電話応対、接客など多くの場面で使われ、マナーの基礎となるものです。

言葉遣いがなっていないと、未熟な印象を相手に与えてしまいます。

正しい言葉遣いができると、相手に安心や信頼をあたえ、円滑に仕事の話などが進むでしょう。

そして、上司や取引先、目上の人と会話する際は敬語で話すのが一般的です。丁寧語や尊敬語、謙譲語を理解し使い分ける必要があります。

4 謙虚な姿勢

経営者の多くは謙虚な姿勢をたもっています。会社を円滑に運営する鍵は「謙虚さ」。

謙虚さは、経営者の成功条件とも言われています。

しかし、謙虚さを身につけたくても簡単にできることではありません。時間と経験が必要となります。

謙虚さは経営者の必須条件とも言われています。謙虚さがない場合、会社経営に繋がる課題を見落としてしまう可能性を高め、横暴な経営が続くと会社の危機となります。そうなってしまうと、些細な事で業績が低下し会社が倒産することも有り得るのです。

経営者は会社を守る立場ですので謙虚な姿勢を持ち続けなくてはなりません。その方が円滑に仕事が進むでしょう。横暴な上司には人はついていきません。

まとめ

今回は「経営者に必要なもの」について解説していきましたが何が重要なのかわかりましたか?

経営者だけでなく社会人として必要なことです。ビジネスマナーがなっていないと、仕事に影響を及ぼしてしまう可能性もありますので正しいマナーを覚えましょう。人は1人では何もできません。

誰かの助けがあるからこそ成功できるのです。思いやりの心を忘れずに仕事をしてください。

多くの人は人柄がいい人の周りに集まります。そんな人にあなたもなってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です