「新型コロナの影響で今は転職しづらい」いずれ転職するときのために「今」できることは?

収束の兆しがいまだ見えない新型コロナウイルス。
「今はコロナ不況だから、転職するのはやめておこう。コロナが収まったら動き出そう」と思ってうずうずしている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナ収束後に転職活動がスムーズに行えるように、今できることをご紹介します。

新型コロナウイルスの影響で、業界によって求人数の増減あり

新型コロナウイルスの影響で、飲食やアミューズメント、旅行業界、航空業界などは大打撃を受けており、今も回復していません。
それに比例して、求人数も減っています。

反対に、この状況下でも求人数が減らなかったり、逆に増えている業界もあります。
テレワークなどで仕事が滞りなく進む業界や、ライフラインに関わる業界です。
ITやクリエイティブ系、物流、小売などがあてはまります。

この他、業界が違っても職種によってはリモートでできる仕事もあり、職種によって求人が減っていないこともあります。

医療や介護業界は、コロナの影響を受けず需要は高くなっています。

アフターコロナを見据えて、今不況の業界への転職活動を視野に入れてもいいでしょう。

反対に、今の社会情勢にも強い業界を目指して準備を進めてもいいでしょう。
この場合は、準備ができたらすぐに動き出してみましょう。

今、求められる人材

各業界の傾向として、経験・スキルを生かした即戦力が求められています。
また、テレワークの普及に伴い、在宅で仕事ができる環境にある人、対応するスキルがある人材が求められています。

同時に、自己管理能力や文章でのやり取りがスムーズに行える人が採用を勝ち取りやすくなっています。

こういった最近の傾向は、年齢を重ねていても自分の強みがあれば採用される可能性が高くなっていることを示しています。

すぐに転職活動をしない場合は、今の職場でスキルを磨くことに力を注いでおきましょう。

転職活動の変化

コロナ以降、転職活動でのもっとも大きな変化は、面接方法ではないでしょうか。
面接をオンライン上で行う企業がとても多くなっています。

企業によっては、最終面接まですべてオンライン上で行い、直接、顔を合わせるのは入社当日というところもあります。

転職活動をする際には、採用活動の変化に合わせて環境を整えておくことが必要になります。

今準備できること

今すぐに転職活動をしない人は、社会情勢が落ち着いたときのことを見越して、転職のための準備をしておきましょう。

ぜひ行っておきたい準備は、以下のとおりです。

①キャリアの棚卸し

プライベートでも行動が制限されている今、時間のかかる作業をじっくり行うチャンスです。
ぜひ、この機会にキャリアの棚卸しをしておきましょう。

その際、どんなに小さな仕事も書き出すことが大切です。
自分では大した仕事だったとは思っていなくても、他企業からしたら「その実績はウチの会社で活かしてほしいスキルだ!」と捉えられることもあります。

これまでのキャリアを思い出し、丁寧に書き出していきましょう。

また、過去に取得した資格も「何年何月」に取得したのか、資格の正式名称などもまとめておくと、後からラクですよ。

②今後の希望を明確にする

転職を急いでいない時期に、

「これから自分はどんな仕事がしたいのか」

「どんな働き方をしたいのか(時短勤務・週休3日・フルタイムなど)」

「自分も家族も幸せでいられる仕事は何なのか」

こういったことをじっくり考えてみましょう。

「コロナのせいで身動きがとれない・・・」ではなく、「動けない時期だからこそ、自分が本当に望んでいることが見えてきた」という時間にしましょう。

③書類作成の準備

キャリアの棚卸しや希望する仕事条件などが明確になったら、応募書類を作成しておきましょう。

履歴書も職務経歴書も、いざ書こうと思うととても時間がかかりますし、かなり骨の折れる作業になります。
かといって、適当に作成してしまったら、書類審査で落ちてしまうことにもなりかねません。

時間があるうちに、じっくり時間をかけて作り込みましょう。

転職エージェントや派遣会社に登録している人は、キャリアカウンセラーに添削してもらい、修正も行っておけばバッチリです。

④Web面接に対応した環境づくり

採用面接がオンラインで行われる可能性もありますので、自宅のWeb環境を整えておきましょう。
自宅のパソコンでカメラやマイクに問題はないか、どの部屋のどの位置で行うのが最適か、などを考えておきましょう。

新型コロナウイルスが収束しても、コロナ前の社会に戻るかというと、そうともいえません。コロナによって急速に普及したものが「合理的だ」と判断された場合、今後のスタンダードになっていくでしょう。

オンライン面接もその可能性がありますので、しっかり準備しておきましょう。

まとめ

いかがですか?

新型コロナが収束するまでは、積極的に動けないことも多々あります。
けれども逆に、家でじっくり、今後の戦略を練るには最適な時間でもあります。

コロナ収束後すぐに動き出せるように、今準備できることをしっかりやっておきましょう。