1分でわかる!早めに備えよう!面接時に必要な持ち物は?

就職・転職で面接をするとなったら、受け答えの内容で頭がいっぱいになっているかもしれません。

しかし、よくお聞きするのが面接の「受け答え」にいっぱいいっぱいになって、面接に必要な持ち物をウッカリ忘れてしまった・・・ということがあります。

早めの準備をしっかりと行い、面接に備えることをオススメします!

では、面接にはどのような物を用意しておくと良いのでしょうか?最低限のモノをご紹介致します!

ビジネスバッグ

まず鞄は必須です。

「こいつ何を当たり前のことを言っているんだ?」と思われた方もいるかもしれません。(笑)

しかし、転職活動の際、鞄を持たない人を何人もお見受けしています。

当たり前のことですが、鞄がなければ、必要なものを手に抱えて持っていかなければいけませんし、逆に資料などをもらったときに持ち帰るのが大変です。失礼にもあたりますね!

あまりに大きいものだとかさばりますし、小さすぎると何も入りませんから、一般的な書類で使われるA4サイズの紙が入るくらいの大きさが良いでしょう。ビジネスバッグ、ブリーフケースとして販売されているものでサイズがあるものを購入しましょう。

書類用ファイルや糊

書類等を鞄に入れる時、そのままの状態ではシワや折り目ができてしまいますから、書類を守るためのファイルも用意したほうが良いですね!あまり厚みがあるファイルだと、他の荷物を取り出すのにじゃまになるので、クリアファイル程度で十分です。

ファイルには、提出するべき書類を入れておきます。履歴書やエントリーシート、職務経歴書など事前に提出が求められているものを、記入内容の不備がないかを確認した後にファイルに挟みます。

履歴書には写真を貼り付ける部分がありますが、何らかの手違いで剥がれ落ちてしまったときのために予備と貼り付けるための糊や両面テープもあったほうがいいですね。

さらに提出後に面接をするとなったら、記入した内容について質問があったときに、うまく受け答えができないこともあります。直前に何を記入したのか確認ができるようにコピーを取りましょう。

また、ファイルは面接先で頂いた資料を目の前で保管すると印象がいいですよね!

会社資料・地図

面接時にあったほうが安心できるものとしては、会社の資料や地図も持っていくといいかもしれません。

会社の歴史や事業内容などを、電車やバスに乗っているときに確認できます。

地図は携帯端末の電波が届かない場所であればナビゲーションアプリが使えないので、結果的に使わないとしても持ち物に入れておくべきです。

実際に私のところへ相談にお越しいただいた方の経験談で、突然携帯が故障し、直前でナビが止まり、結果遅刻をしてしまったという方がおりました。

面接先の周辺施設くらいは、印刷して所持指定おくと万が一に備えられるかもしれません!

筆記用具

筆記用具は必ず持っていくべきものです。

面接と筆記試験や適性テストが同じ日程ということもありますし、なにかの書類にサインをしなければいけないこともあります。

あるいは重要な伝達事項を、メモで残さなければ行けない場面もあります。

そういうときに備えて、ボールペンと鉛筆、シャーペンと異なる種類の筆記用具を準備しておくほうがいいです。

またメモ帳や手帳なども一緒に入れておきましょう。

身だしなみ系用品

面接では、身だしなみもしっかりと整える必要があります。

そこでハンカチにティッシュ、櫛と鏡も必須と言える持ち物です。

強い風で髪型が乱れてしまった時のために、スタイリングで使うスプレーやジェル等も、持っていったほうが安心ですね。

また、女性の場合にはそれに加えて、メイク崩れを修正できるメイク道具も必要です。

身だしなみに関する持ち物では、必要になるかもしれないということで携帯用の裁縫道具もおすすめです。

ボタンが取れてしまったり、スーツのボタンや縫い目が裂けてしまったときでも、すぐに対応できます。

面接では人事担当者との距離がわかりませんが、もち距離が近ければ口臭や体臭で不快な思いをさせる恐れもあります。

そこで口臭をケアできるタブレットや消臭スプレーなども常備しておきましょう。ただし、そういった臭い対策で注意したいのが、香りの強い製品を使うと気分が悪くなってしまうこともあるので、マイルドな香りか無臭になる製品が最適です。

特に営業系や接客業などは、意外と面接ポイントとされているケースもあるとかないとか・・・。(笑)

腕時計

面接では決して遅刻ができませんが、時刻を確認するのにスマートフォンを使う人ならば腕時計も用意したほうが良いです。

筆記試験・適性テストを同日に行うとき、残り時間を確認するのにスマートフォンを取り出すことはできません。ましてや面接をしている途中で、時刻を確認するためにスマートフォンを持てば、無礼な振る舞いをしたと考える人事担当者もいます。

ビジネスではそういう事がよくありますから、マナーを守りたいならば社会人として相応しいステータスの腕時計を身に着けましょう。

万が一に備える持ち物

天候によっては、持ち物が増えることもあります。雨が降りそうならば折りたたみ傘や濡れたスーツや鞄を拭くタオルがあったほうが便利です。また濡れてしまった靴下やネクタイの予備も、必要となりそうなら持っていくべきです。

ICレコーダー

普通とは違った面接 持ち物 おすすめとして、ICレコーダーがあります。

なぜ、ICレコーダーが必要になるのかというと、自分の身を守るため、それから後で面接のやり取りを確認して復習するためです。企業の人事担当者の中には、悲しくもパワハラやセクハラをするといった事もニュースになっています。

あとで、こういうひどいことを言われたといっても、証拠がなければ誰も訴えを聞いてはくれません。でも録音をしておけば、その音声を証拠とできます。スーツや鞄に忍ばせておき、十分に会話の内容が聞こえる性能を持つICレコーダーを購入しておきましょう。スマートフォンでも録音ができますが、着信音やバイブ音がならないように電源を切っておくべきなので、録音専用の機器を持っていくほうが良いかもしれません。

また、自分が話している内容や話す時の声のトーン、スピードなどはとても重要です。

スキルアップにもつながるので、是非後で聞き返すことをしてみるといいかもしれませんね!

まとめ

最後にまとめると・・・

・ビジネスバッグ

・書類保管などのファイル

・会社資料や地図

・筆記用具

・身だしなみ用品

・腕時計

・悪天候時の用品

・ICレコーダー

「備えあれば憂いなし」です。面接が決まっている場合は、早めの準備を行い、面接に備えてください。

そうすれば、しっかりと面接に集中できますね!

皆さんの就職活動がうまくいくことを心より願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です