転職活動や社内での評価もアップする! 外見をチェンジして、脱マンネリ!

「毎日の仕事がマンネリ気味で、やる気が出ない」

「営業職なのに、イマイチ顧客からの信頼を勝ち取れていない気がする」

このような人は、気持ちの持ち方を変えるのが得策ですが、とても簡単に気持ちを変える方法があります。

それはズバリ、外見を変えること。

今回は、外見を整えることが仕事のモチベーションにプラスに働く理由と、そのポイントについてご紹介します。

外見に気を使うことが仕事のモチベーションアップになる

毎日の仕事にやる気のでないという人は、マンネリ化した服装で仕事に行っていませんか?

ヘアスタイルにも気を使わず、カバンの中身もぐちゃぐちゃだったりしませんか?

自分自身の外見が惰性に満ちたものなら、仕事のやる気が出るはずもありません。

例えばあなたが営業マンだとして、部屋着でクライアントと折衝をすると想像してください。

いい営業トーク、できそうですか?

仕事に行くときの服装というのは、仕事モードの自分に変えてくれるもの。

ヘアスタイルやメイクにも同じことがいえます。

そんな効果をもたらすファッションやヘアメイクですが、毎日同じような格好で惰性になってくると、次第にモチベーションも下がってしまいます。

だからこそ、「やる気がでないな」というときには、服を新調したりして、新鮮な気持ちにしていくことが効果的なのです。

スーツ一式を新しくしないまでも、ネクタイや鞄などの小物を新しくするだけでも、十分に気分は変わりますよ。

なぜ外見が重要なのか

「人は見た目が9割」といわれているように、他者はその人の内面を見る前に、外見で判断し評価する傾向があります。

特に、転職活動の面接時においては、面接官は数十分で相手のことを判断する必要があるため、視覚から入ってきた印象が評価を左右することにもなります。

ですから、自分自身のモチベーションをあげるだけでなく、他者からよい評価を受けるためにも、外見を整えることが、ビジネス上で大きなアドバンテージになるのです。

外見をワンランクアップする方法

清潔であることは必須

まず、ファッションやヘアメイク以前に、清潔であることが大切です。

髪にフケがついていたり、ネイルをしているわけでもないのに爪が伸びていたり。

こういった基本的な清潔感を維持することは、社会的な信用を得る上で基本になります。

髪の毛が整えられている

寝癖がそのままの人は、信頼できないと思われます。

また、伸びっぱなしのヘアスタイルや、動くたびに髪が顔にかかったりするようなヘアスタイルは、清潔感という点でマイナスになります。

シャツの袖や襟口の黄ばみに注意

スーツや制服を着る職種の人は、シャツの袖や襟口の黄ばみに注意が必要です。

必要に応じてクリーニングに出すなど、メンテナンスをしっかりしましょう。

靴はその人を現す

ブランド物のバッグや時計を身につけていても、足元がキレイでないと台なしです。

革靴で仕事に行く人は、毎晩しっかり磨きましょう。

朝、靴を履いたときの気分もまったく違うことに気づくはずです。

鞄の汚れと中身に注意

鞄がクタクタだったり汚れが目立ったりしているのは、取引先などに赴く職種の場合、マイナスになります。

また、鞄の中身が整理整頓されておらず、書類を出そうとしたときにポロッとティッシュが落ちてしまったりすると、相手からの信頼は一気に下がります。

鞄は外も中も、いつでもキレイにしておきましょう。

サイズ感が合うものを着る

特にスーツを着る職種の場合、ジャストフィットしているだけで、仕事ができそうに見えます。

今の自分にピッタリ合うサイズ感のスーツを選ぶようにしましょう。

自分が好きな色・テイストは?

人からどう見られるか、という視点でワンラックアップ法をご紹介しましたが、基本は自分に合うことが大切です。

身につけていてテンションが上がるものや、自分の肌色を明るく見せてくれる色選びで服やアイテムを選びましょう。

理想に自分の外見を合わせることで、理想が近づいてくる

仕事のモチベーションを上げるには、マンネリした外見を変えることで手っ取り早く気持ちを切り替えることができることをご紹介しました。

さらに、仕事の上で「こうなりたい」という目標や理想がある人は、

「そういう立場にある人って、どんなファッションをしているかな?」

 「どんな小物を持っているだろう?」

ということを想像し、自分もそうなったつもりで服やヘアスタイル、アイテム選びをしてみるといいでしょう。

形から入って、その状態にふさわしい振る舞いをするようになることで、周りからの評価も高くなります。

結果、理想がぐっと近いものにもなるのです。

ただの外見、されど外見。

その効果の大きさは想像以上でしょう。

まとめ

いかがですか?

今回は、仕事のマンネリ打破のために、まずは外見をチェンジするのがおすすめであること、また、特に初対面の人は視覚で相手を判断しがちなため、高い評価をもらえるように外見を整える必要があること、そのポイントについてご紹介しました。

ぜひ、参考になさってくださいね!