転職先での過ごし方で決まる!溶け込み力アップの振る舞いアイデア大紹介!

転職直後というのは、不慣れな仕事にとまどうことはもちろん、新しい環境や人間関係にとまどうこともたくさんありますよね。

ここでどう振る舞うかが、早く新しい職場に溶け込めるかどうかの鍵をにぎります。

そこで今回は、転職先でどう振る舞ったら溶け込み力がアップするのか、その方法についてご紹介します。

立ち振る舞い方が溶け込み力アップのポイント!

会社で働く上でもっとも大切なことは、仕事ができることです。

そのことだけを考えれば、職場での立ち振る舞いは二の次三の次と思えるかもしれません。

しかし、社会人としての経験を長く積んでいる人なら実感としてあるかもしれませんが、職場というのは仕事とおなじくらい人間関係や環境によって良くも悪くもなります。

転職したばかりのときは、周りからの注目を集めますし、自分の立ち振る舞いによって社内での立場が変わってきます。

新しい会社に早く馴染むには、自分から歩み寄っていくことが大切です。

せっかく転職活動に励んで手にした転職先です。

長くご縁があるように、自分にとって快適な居場所にしたいものです。

そのためには、年齢や経験値を問わず、新しい職場では、もともといる社員のことを尊重し、それに習う態度が必要です。

特に、前社と比較するような発言は、周りから反感を買ってしまう原因になりますので、気をつけましょうね。

最初が肝心な理由

人は、最初に抱いた印象で相手のことを見るようになります。

たとえ良い人間性の人だとしても、最初にマイナスの印象を持たれると、そこからプラスに持っていくには時間を要します。

最初から良い印象を持ってもらい、1日でも早く新しい職場に馴染むためにも、最初の立ち振る舞いを意識しておく必要があるのです。

早く転職先に馴染めるような過ごし方のポイントを抑えておきましょう。

溶け込み力アップの立ち振る舞い方ポイント

あいさつは基本

あいさつは、すべての基本です。

コミュニケーションに苦手意識がある人も、あいさつだけはしっかりしましょう。

勇気がいるかも知れませんが、自分から率先してあいさつをするようにしましょう。

名前を早めに覚え、名前で呼ぶ

同じ部署の人の名前は、早めに覚えましょう。

そして、話しかけるときはその人の名前を呼ぶようにしましょう。

相手は「覚えていてくれている」とうれしくなり、印象がぐっとアップします。

いち早く社風をつかむ

企業風土や社風を知ることは、早くその会社に溶け込むための1歩になります。

出退勤のルールや経理のこと、有給休暇の申請方法などは、早めに教えてもらい、理解しておく必要があります。

この他、ルールではないけれどその会社がずっと保ってきている風土というものがあります。

こういったことは肌で感じて理解していく必要がありますので、アンテナをはるようにしましょう。

新しい仕事を学ぶ姿勢を示す

同業他社に転職した人や、社会人経験が豊富な人ほど気をつけたいことです。

新しい職場での仕事に対して、わけ知り顔でのぞもうとすると、周りから良い印象は持たれません。

同じ職種であっても、企業ごとにやり方が違うことも多いので、真摯な態度で学ぶ姿勢を大切にしましょう。

自分にできることを探す

入社したばかりの頃というのは、仕事が与えられず待ち時間になってしまったり手持ち無沙汰になるような時間が生まれることがあります。

周りのスタッフも自分の仕事を抱えているので、新入社員にうまく仕事を割り振ることができず、多かれ少なかれどうしても生まれてしまう時間です。

こういったときは、自分にできることを探し、率先してアクションを起こすようにしましょう。

周りの人と積極的にコミュニケーションをとる

いち早く溶け込むためには、コミュニケーションをとることが大切です。

新しく出会った人と自然にコミュニケーションを築ける人は、躊躇なくそうしていきましょう。

一方、コミュニケーションに自信がない人は、質問をコミュニケーションの機会と捉え、隣のデスクの人に話しかけましょう。

前職との比較は避ける

前職との比較は避けましょう。

「前の会社ではこうだった。その方が効率がいい」といった発言は、周りから反感を買う原因になります。

たとえ前職のグチだとしても、「不満の多い人なんだな」と捉えられます。

最初の印象がその人を作る

第一印象というのは、インパクトの大きいものです。

転職直後は、仕事そのものに慣れることはもちろん大変ですが、新しい環境で人間関係をいちから築き上げることに多くのエネルギーを使うことになります。

「前の会社を思い切って辞めて転職したけれど、人間関係をいちから築くのは、なかなか大変だ」と思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、ここで少し自分の振る舞い方を意識して新しい職場に溶け込むよう努力することで、その後が大きく変わります。

新しい職場にいち早く馴染み、快適に仕事に集中するためにも、転職直後の過ごし方に工夫をしましょう。

まとめ

いかがですか?

今回は、転職直後の新しい職場での立ち振る舞いが、その後の自分の仕事のやりやすさに大きく影響すること、また新しい環境に溶け込めるかどうかも自分の振る舞いにかかっているということについてお話しました。

今回ご紹介した過ごし方のポイントを参考に、新しい職場を自分の居心地のいい場所にできるようにしていきましょう。