知っておくと就職活動で有利!企業が求める人材とは?

企業がどのような人材を探しているのか知りたくありませんか?

必要な人材のタイプを知っておくと就職活動をする上でかなり得です。

また、会社に務めている人にとっても、今後の社内でやるべき事を明確に知ることが出来るでしょう。

今回は企業が求める人材についてまとめてみたいと思います。

 企業が求める6つの能力

今までの風潮では、有名大学から多数採用する傾向がありましたが、今は違います。有名大学だけでなく、幅広い視野から優れた人材を募集している傾向があります。

企業が求めるポテンシャルをまとめましたのでご覧下さい。

チャレンジ精神
チームワーク力
コミュニケーション力
リーダーシップ力
主体的行動力
グローバル素養

企業が求める人材

優秀な人材の特徴をまとめましたのでご覧下さい。

  • 努力をして成長しようとする人

努力を惜しまない人は会社にとって喜ばしい人材です。なぜなら、努力家無しに成功することは少ないからです。そして、入社して何年かすると、その人は優れた人材かどうかがみえてきます。努力している人の場合、周囲がそれを見ている可能性が高く、その点を評価してくれます。

努力と言っても努力の形はそれぞれです。例えば、誤字脱字がないようにチェックするのも努力と言えますし、椅子やテーブルの整頓をすることも努力です。本来の業務外での仕事を率先して行うことを努力と言えます。努力をすることで自分自身の成長に繋がります。

  • 謙虚さがある人

仕事はいい時もあれば悪い時もあります。感情的な人だとその場の気持ちで流されてしまいます。しかし、謙虚な気持ちを持っている人であれば、成功しても謙虚に受けとめ、失敗したら反省することができる人が多いです。優れた人ほど謙虚さをかねそなえています。

仕事は1人でするのでは無いので自己主張が強いと周囲から孤立し仕事に影響を及ぼしますので気をつけましょう。

  • 相手の立場で物事を考えられる人

相手の立場に立てる人は優れた人材と言えるでしょう。なぜなら、客観的に状況を把握して、相手の考えや悩み事を理解できるからです。そうすれば、的確なアドバイスができ、信頼を得ることが出来ます。信頼を得られれば仕事にも繋がります。

人の上に立っている人のほとんどが、相手の行動や言動にいち早く気づき先手を打っています。洞察力が優れていると言っても過言ではありません。

業種によって求められている人材

業種によって求められる人材は色々です。業種別にみて役に立つ能力をご紹介していきたいと思います。

  • 事務職

一般事務 / 営業事務 / 経理

必要な能力 : 誠実 / 継続力 / 強調性

事務職は書類作成が多く、継続して行なう業務が一般的です。他部署と連絡をとり仕事をする機会が多い職業。

  • 営業や販売職

営業 / 販売 / 接客

必要な能力 :コミュニケーション力 / 行動力 / 積極性

多くの人と接する為、コミュニケーションがとれないと意味がありません。そして、タイミングがとても大事です。タイミングが悪いとなんでも売り込みが成功しません。ですので積極性も必要となる職業。

  • 技術職

システムエンジニア / 管理 / 設計 / 開発

必要な能力 : 問題解決能力 /継続力 / 誠実

クライアントの求めているものを作り、そしてトラブル対応なども行っています。確実さが求められる職業。

まとめ

今回は「企業が求める人材」についてまとめてみましたが会社がどんな人を必要としているのわかりましたか?

職種によって求められている人材のタイプは様々ですが、優れた人の特徴は変わりません。企業のニーズを理解してみることを必要です。

仕事で成功をおさめたい人はまず優秀な人の特徴を真似しましょう。

あなたの今後の未来が変わるかもしれません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です