看護師の転職★求人を見るべきポイントは?

社会人として活躍している方々において経験する事が少なくないのが転職ですが、医療の現場にて活躍している看護師は環境を変えた後も同じ業界で働き続けるという方は少なくありません。

そして、医療の現場はいつも求人数が多いのも特徴であるが故に転職を検討した時に選択肢が多いですね。
選択肢が豊富であるからこそより良い環境に移れるようにポイントを抑えておく事が大事です。

求人の注意点はここ

看護師が環境を変える時にも他の職業に従事している方々のように求人情報を目にする事になりますが、求人情報を閲覧する際には給与や休日数、アピールポイントなど特によく確認しましょう。
求人情報には給与が記されていますが、記されている金額のみに着目するのではなく基本給や手当というように内訳に至るまで十分に確かめる事が大切です。
また、1週間のうちに2日間の休日を求めているのなら完全週休2日といった文言が記されている事を確認しておく事も大事であり、理由は週休2日のみであった場合には1週間に2日間休める週もあるものの、毎週2日間休日が得られる仕組みではないためです。

総合病院などの申し送り

さらに、これまで働いていた医療機関を離れて他の機関に移る時には、働き方を見直す事を目的にしている看護師も少なくないですが、働き方を見直したい時には看護師ならではの申し送りについて確かめておきます。
医療機関は24時間にわたって開かれているが故に交代勤務によって成り立っているため、看護師は勤務を交代する時にこれから勤務を開始する方に対して申し送りを行います。
申し送りはミスを防ぐべくじっくりと時間をかけて行われるので、1度あたりに要する時間が長くなる様子から勤務時間を超えていても引き続き申し送りが行われていて、完了した時には既に勤務が終了する時間から長い時間が経過している事例も珍しくありません。
毎回勤務が終了している時間であるのに、引き続き申し送りが行われている状況であると、合計した場合とても長い時間になるため、申し送りをする時間が時間外勤務として扱ってもらえる現場を選ぶと良いですね。

同じく尚一層働きやすい現場を求めて転職をするのなら、求人募集をしている医療機関のアピールポイントもしっかりと見るようにし、働きやすさをアピールしている事例では漠然とした文言が示されているのではなく、教育のシステムがきっちりとしていたり長いブランクを有している方でも働きやすい様子をアピールしているといったように、具体的に説明している所を選びましょう。

どういった医療形態でお仕事するかによって働き方が異なる

加えて看護師が働くのは大学病院や民間の総合病院、個人開業医またはクリニックなどの選択肢の中から選定しますが各々の特色についても理解しておくと選びやすいです。
大学病院は先進的な医療を積極的に取り入れているので高度な治療が行われる現場に身を置く事ができますし、民間の総合病院は診療科が多いからこそ働き方が柔軟でフルタイムに限らずパートや時短勤務にも対応しやすいです。
個人開業医またはクリニックは日勤に限った働き方が行われる事例が多いので、家事育児と仕事を両立させつつ働きたい方の転職先に適しています。

まとめ

看護師の転職先は非常に多くあります。
出産や子育て後のブランクがある方でも、職場復帰がし易い職種ですね!

勤務時間、収入、就きたい科などによって就職先は大きく異なります。

より良い環境を見つけるために、色んな転職サイトを参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です