就職面接前の入場時間!何分前がオススメ??

面接は就職の可否を左右する重要な場面です。

万全の状態で臨むことが肝要であり、少し大袈裟に言うと些細なミスも犯さないよう細心の注意を払う必要があります。

当然のことながら、面接の時間に遅れてしまうのは言語道断です。もちろん面接に限ったことではありません。
クライアントのアポイント時間などビジネスにおいて『時間厳守』はもはや当然のようにやるべきことです。

その時間厳守である面接に遅刻すると、その時点で信用を失ってしまうことが考えられますし、面接自体を受けられなくなってしまう恐れもあるでしょう。

したがって遅刻をすることがないよう、しっかりと時間を考えて行動をすることが大切です。

ただ、到着は早ければ良いというものでもありません。

社会人たるもの、相手の都合も考慮しながら行動をする必要があり、気が早過ぎるのも考えものです。

また、面接まで現地で時間を過ごすにしても、あまりにも早いタイミングですと、時間を持て余してしまい、過ごし方に苦労をすることも考えられます。

では就職面接 入場 時間は、どのタイミングが適していると言えるのでしょう。

一般的には、10分~15分前程度のタイミングで到着をするのが良いとされています。時間的にも余裕を持ちやすく、尚且つ先方の用意もおおよそできているタイミングでもあるため、両者の行動が上手く合致するはずです。

しかし、この10分~15分という時間に合わせるためには、気を付けなければいけないこともあります。

入場をするにあたり、会場によっては受付場所に行くまでに、時間が掛かる可能性も考えられるからです。

もしかしたらエレベーターが混雑していて予想外に時間を取られたり、あるいは会場に到着したものの、場所がよく分からず迷ってしまったりすることもあり得ます。

実はこの失敗を私自身もしてしまったことがあります。

面接会場はビルの一室で、時間通りに会場に到着をしたところまでは良かったのですが、中に入ってみるとどこがどうなっているのかが分かりにくく、受付場所まで行くのに思いのほか時間が掛かりました。

幸い、何とか時間までに受付を完了させることができましたが、余裕をもって到着をしたつもりでも、ギリギリになってしまったことで非常に焦ったという経験があるのです。

おかげで気持ちにも余裕がなくなり、到着をしたら軽く面接対策の予習でも行おうと思っていましたがそれもできず、考える間もなくいきなり面接に入って苦労をしました。

こうした失敗がありますので、これから面接を控えている人には油断をしないようにしてほしいですし、予想外に時間が掛かる可能性も考えながら行動をするようにしましょう。

入場タイミングに関しては以上の通りですが、時間をきっちりと合わせるためには、それ以前の行動にも注意が必要です。

自宅から離れた場所にまで、行かなければならない場合もありますが、その際にはマイカーやバス、電車など、何かしらの移動手段を使うこともあるでしょう。

こうした移動方法を行う際に、不測の事態が起こり得ることもあります。もしかしたら車の事故に巻き込まれたり、電車に乗り過ごしたりすることもあり得ますし、予想外のトラブルで面接に間に合わなくなったというケースも実際に存在します。現地へ行くまでの時間のロスも怖いもので、大事な予定がある時に限ってスムーズにいかないこともあるものです。

万一のトラブルに泣かないためには、現地までの時間についても考慮することが大切です。

例えば1時間ほど掛かる予定ならば、ちょうど着く計算で動いてしまうと、何かあった時にすぐにギリギリの状況に追い込まれかねませんので、30分以上は余裕をもった行動をすることが必要と言えます。

また、どのくらいの時間が掛かりそうなのか、事前に下調べを行っておくのも鉄則でしょう。

特に土地勘がないところや、初めて行く場所などですと、思うように会場まで辿り着けないこともありますので、できれば一度現地へ行ってみるのもおすすめです。

会場までのルートをきちんと確認しておけば気持ちに余裕を持ちやすくなりますし、空いた時間を使って面接対策をおさらいすることもできるのではないでしょうか。

なお、しっかりと事前準備を行ったとしても、不測の事態により面接に遅れざるを得ないこともあるかもしれません。

念のため、遅刻をする時のことも想定しておくと、パニックに陥らずに済むはずです。

遅刻をする場合の基本は、先方へとしっかりと連絡を入れることであり、間に合わないことが確定した時点で連絡を入れるのがベターでしょう。

何とかギリギリまで粘りたくなるかもしれませんが、その結果、連絡が遅くなってしまうと印象が悪くなりやすいですし、連絡を入れるタイミングを逸して連絡なしでの遅刻となれば、さらに印象が良くないのは言うまでもありません。

できるだけ早めに連絡を入れる心掛けが必要であり、その際にしっかりとケアができれば、遅れてしまったことへの印象低下も防ぎやすくなるはずです。もちろんこれは、起こらない方が良いケースについてですので、基本的には入場時間に間に合うよう、慎重な行動を心掛けるのが鉄則と言えます。

最後に

分の冒頭で10分〜15分がベストと記述しました。

しかし、私が人事になってからの感じたベストをお伝えしておきます。

ズバリ

『7分』

です。

これはそれぞれ人事の方によっても感じ方は違うかもしれません。

是非、参考にしてみてください。

皆さんの就職活動の一助となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です