今話題のGoToキャンペーンを活用して、リモート疲れをリフレッシュ★うまい活用方法とは?

2020年7月22日から、観光庁Go Toトラベル事業(GOTOキャンペーン)がスタートしました。
これは国内旅行代金で支払った金額のうち35%分を国が補助してくれるというものです。

せっかく安く国内旅行がいけるので、仕事のリフレッシュとして、このタイミングで有効活用してみましょう!

GOTOキャンペーンとは?

まだ内容についてわからないという方に、簡単にご説明致します!
10月1日以降に出発する場合には、35%分の補助に加えて旅行代金の15%に相当する金額の地域共通クーポンがもらえます。
クーポンも含めると、最大で旅行代金が50%引きになるお得なキャンペーンです。とてもお得なキャンペーンですね★
キャンペーンの対象となるのは、「Go To トラベル参画事業者」に指定されている旅行会社または宿泊施設を利用した場合です。

GOTOキャンペーン申請方法ですが、旅行会社のパッケージツアーや交通手段・宿泊を手配した場合は、代金を支払った旅行会社を通して給付の申請をします。
「楽天トラベル」や「じゃらん」などのポータルサイトも参画事業者に指定されているので、予約サイトを利用してネットで予約をする方法もあります。しかし、旅行の予約方法によって、同じ代金を支払った場合でも還付される金額に違いがあるので注意が必要です。

GOTOトラベルのうまい活用法とは?

Go Toトラベルのうまい活用方法は以下の通りです!

  1. 旅行会社を利用して交通機関や観光施設などのチケットをまとめて購入すること
  2. 地域のキャンペーンを併用すること

の2点です。
個人旅行の場合、自分で交通手段や宿泊施設を別々に購入する場合は、還付金の支給対象は宿泊施設の利用料金だけになります。
自分で電車や飛行機のチケットを手配した場合は、交通費は全額自費負担になってしまいます。
これにたいして、旅行会社を利用すれば往復の交通費と宿泊費を一緒に購入することができます。旅行会社で新幹線や飛行機のチケットと宿泊がセットになったパッケージツアーを利用すれば、往復の交通費の分も含めて35%分が還付されるのでかなりお得です。
パッケージツアーの中には、旅行中の飲食や現地で利用できるバス・地下鉄などの一日チケット、テーマパークやレジャー施設の入場券なども含まれる商品もあります。
キャンペーン対象のパッケージツアーに含まれているものはほぼ全てが還付対象になるので、旅行会社を通してまとめて購入することがポイントです。
旅行先で利用する交通機関の切符やテーマパークなどの入場券を現地で自分で購入するとキャンペーン対象外になってしまうので、注意しましょう。
ポータルサイトを利用する場合は、マイナポイント事業と併用することも可能です。
マイナポイントに登録した電子マネーやスマホ決済で旅行代金の支払いをすれば、25%分が還元されます。

地域キャンペーンも併用して活用

GOTOキャンペーンで別のうまい活用方法は、地域のキャンペーンを上手に活用することです。
GOTOキャンペーンでは、主に宿泊費や往復の交通費が給付対象になります。
一部の自治体では、国の事業ではなくて独自に地域限定のお得なキャンペーンを実施しているケースがあります。
地域クーポンの多くはGOTOトラベルと併用することが可能で、国と地方の補助制度を活用することで旅行費用を半額以下にすることも可能です。
クーポンの種類はさまざまで、単純に宿泊費の割引サービスが行われたり、エリア内のお店で割引サービスが利用できるケースがあります。
地域限定クーポンは多くの種類があるので、旅行を計画する段階でチェックしてみると良いでしょう。

10月1日以降は、東京都民もGOTOキャンペーンの利用ができるようになりました。
これにともない、いくつかの観光地では都民限定の割引キャンペーンを実施しています。
東京都内にお住まいの方でこれからGOTOキャンペーンを利用して旅行に出発する方は、都民限定のお得な地域キャンペーンを活用するようにしましょう。

他にもこんな活用がある

観光旅行に行くつもりがない方でも、帰省やその他の理由で宿泊施設を利用しないで移動をするといったケースが考えられます。
このような場合は、旅行先で1泊3千円とか4千円といった格安の宿を探してから、旅行会社に頼んで1泊分の宿泊と往復の交通手段(新幹線や飛行機など)とセットで予約・購入します。旅行先では予約した宿泊施設を利用する権利を放棄して、実家や職場の保養所などに滞在します。
宿泊施設に支払う費用は無駄になりますが、往復の交通費の補助を受け取ることができるので、トータルの旅費を安くするという裏技もあります。

2020年3月以降は世界各国が外国人の入国を禁止していましたが、9月以降にはいくつかの国や地域が日本人の入国が解禁されています。
GOTOキャンペーンは国内旅行が対象ですが、期間中に海外旅行に行く場合にもうまい活用方法があります。

海外に出国をする場合は、交通アクセスが不便な成田空港や関西国際空港を利用すると安い航空チケットが購入できます。
例えば、自宅からJRや飛行機(国内線)を利用して成田や関空に行き、空港の近くの宿泊施設に1泊だけ滞在して、帰国後に自宅に戻るという“国内旅行”のプランを旅行会社に組んで販売してもらいます。海外に滞在している間はスケジュール上で「野宿」ということになってしまいますが(笑)、GOTOキャンペーンを活用することで空港までの交通費を安くすることができるでしょう。

最後に

「GOTOキャンペーンはやりすぎだ!」「他にも困っている業種はある!」など、様々な意見が飛び交うGoToトラベル事業ですが、2021年1月(予算次第で終了時期は早まる)で終了となりますので、このタイミングで国内旅行にいくのもオススメです。
感染予防など、気をつけるべきポイントは多いですが、対策をしっかり行い、楽しい旅にしてくださいね!

普段、お仕事でお疲れの方は癒しを求めて、是非ご活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です