パラレルキャリアはもうひとつの人生の歩き方。彩り豊かなキャリアをつくる方法

パラレルキャリアという言葉があります。本業とは別に、並行して進むもうひとつのキャリアのことをいいます。

自分の夢だったことや得意なこと、地域の人と一緒にできることなど、さまざまなことがパラレルキャリアになり得ます。

今回は、そんなもうひとつのキャリアについてご紹介します。

パラレルキャリアとは

パラレルキャリアとは、有名な経営学者ドラッカーによって提唱されたもので、人の寿命が伸びた今、ひとつの組織に所属するだけでなく第2の活動をするべきという考え方です。

(出典:Wikipediaより)

【送料無料】 マネジメント 務め、責任、実践 2 NIKKEI BP CLASSICS / ピーター ドラッカー 【全集・双書】

副業を言い換えた言葉のようですが、考え方が少し違います。
副業は、空いた時間で自分のスキルを使って収入を得るものです。

一方、パラレルキャリアは収入につながるとは限りません。
ボランティア活動や町内会の活動などもパラレルキャリアになります。

例えば、

「子供の頃から大学までずっと野球をしていた。社会人になってからは、知人に頼まれて週末に地域の少年野球のコーチをしている。ほとんどボランティアのようなものだが、楽しくて続けている」

こういったことがパラレルキャリアと呼べるものです。

収入に直結する場合もありますが、自分が好きなことや楽しいこと、本業にならなかったけれども続けたいことを本業の時間以外に行うこと全般を指します。

イノベーションと企業家精神 エッセンシャル版 / Peter Ferdinand Drucker ピータードラッカー 【本】

パラレルキャリアのメリット

パラレルキャリアを持つことのメリットは多数あります。

子どもの頃の夢をもう一度

プロの野球選手、プロのピアニスト、プロの◯◯、など。子どもの頃に夢に描いたプロ。

その夢を実現して本当にプロになれる人は一握りですが、プロにならずとも野球もピアノもそれ以外の好きだったことも、自分さえその気になれば続けることができます。

また、次世代にその夢を託すサポーターになることもできます。
形を変えても、子供の頃に夢見たワクワクをもう一度取り戻せるのです。

好きなことを前向きに楽しめる

料理好きな人が自分の考えたレシピをSNSで発信したり、学生時代に吹奏楽をやっていた人が気の合う仲間とカルテットを組んで演奏活動をしたり。

本業にはならなかったけれども、余暇の時間を使って楽しみながら活動できます。

世界が広がる

本業だけでは得られなかった人とのつながり、新しい価値観、新鮮な世界に出会うことができます。
こういった収穫はお金で得られるものではなく、人生を豊かに生きる支えになってくれるものです。

新しい知識が身につく

地域ボランティアなどに参加してみると、そこが社会の縮図であることが分かります。
経理の知識や組織の役割分担の知恵など、本業にも活かせるような知識が身につくことがあります。

ライフワークが見つかる

パラレルキャリアで切り開いた世界が、退職後もずっと続けられるライフワークになることがあります。
また、本業に変わることもあります。

実はすでにパラレルキャリアを持っている?

パラレルキャリアとして捉えられるものとして、SNSでの発信、手作り品の販売、ボランティア活動、地元の子どもたちにスポーツを教える、週末に音楽活動やスポーツ活動をして大会に参加する、などが挙げられます。

どうでしょうか?

「自分はすでにパラレルキャリアを持っている」という人も多いのではないでしょうか?

そんな人は、ぜひその活動をやめることなく、少しづつでもいいから続けていきましょう。

文学で読むピーター・ドラッカー [ 佐川和茂 ]

パラレルキャリアのデメリット

プライベートな時間がとられる

本来余暇だったはずの時間をパラレルキャリアの時間に充てるため、休息したりのんびりと過ごす時間は減ってしまいます。
あまりのめり込むと、本業に支障が出てしまうこともあるので、バランスを考えることが大切です。

お金がかかる

パラレルキャリアは、必ずしも収入が得られるものとは限りません。
スポーツの大会に参加したり演奏会を開いたりするときには参加費がかかります。

ただ、物事はいつどこで収入につながるか分からないものです。
続けることで「ギャラを支払うので演奏してほしい」という声がかかることもあります。

そこが、「キャリア」と名付けられている所以かもしれません。

家族との時間が減る

趣味に勤しむ人と同じく、家族との時間が減ってしまうことがあります。
家族を巻き込む方法を考えるのもひとつのアイデアですが、そうできない場合はやはりバランスを考え、家族の理解を得ながら続けられるよう努力しましょう。

収入が発生する場合の注意点

パラレルキャリアで収入が発生するような場合は、本業である勤務先の就業規則をよく確認しましょう。昨今の社会情勢から副業を容認する企業が増えていますが、副業禁止の場合もあるので、きちんと把握しておくことが大切です。

まとめ

いかがですか?

人生100年時代といわれていますから、キャリアをひとつにしぼったらもったいないかもしれませんね。
幼い頃の夢や得意だったことを思い出して、もうひとつの人生を歩み出すきっかけにしてみましょう!