キャリアアップを目指せる美しい話し方

周囲となかなか打ち解けるのに時間がかかる。

キャリアアップなんて夢のまた夢。

失敗して落ち込む時もあるけど、好きな仕事だから頑張りたい。

そう思っているあなたに話し方のコツをご紹介します。

成功する女性の話し方

挨拶が出来る人

1つ目、挨拶が出来る人。

朝は、「おはようございます。」から一日がスタートします。

元気がない人が低い声で暗く挨拶してきたらどうでしょう。

毎日となると挨拶が出来ない人と思われてしまいます。

明るく元気な声で挨拶出来る人が気持ちの良い一日を始められます。

毎日いつもやることを心がける事で習慣になり、人との関わり方が良くなるでしょう。

論理的思考で話すこと

2つ目、論理的思考で話すこと。

なぜなら論理的に話すことは、順序立てることで説得力が増すため、どの業種においても通用するスキルになるからです。

ビジネスにおいて、誰が聞いても美しい話し方になります。

そして、コミュニケーション能力が磨かれます。

論理的思考力が苦手な人は、常に手帳とペンを持ち歩きましょう。

たとえば、上司から「理不尽な事で叱られた」など怒りがこみ上げてきたと想定します。 

オフィスの中、ぶつぶつ独り言は難しいですよね。

人は、感情に支配される。

すぐ、その場で反論するのではなく手帳で書き出すのは怒りの感情整理になり、書き出すことで状況整理しましょう。

そして、ある程度時間が経てば見直す事です。

紙に書き出すのは、相手に話すときの言うべきことを話す為の整理法として役立ちます。

そして、メモすることで可視化できるメリットに。

ビジネス上で、主張すべき事は要点を整理して話すことが論理的に伝わります。

論理的に話すという事は、情報を整理し、編集できることなるでしょう。

無口な人ほど心に秘めていることがある

観察力と分析力のスキル

現代社会においてコミュニケーションは必須なスキルです。

周りの人から無口と思われている。

人は誰でも自分の事をわかってもらいたい気持ちがあります。

一見明るく人当たりがよく誰にでも好かれている人。

こういう人が世渡り上手で得かと思われがちですが、実は逆です。

なぜなら、無口の人は、周囲をよく観察して分析している可能性があるからです。

人からの評価が気になるかもしれませんが、気にすることはありません。

苦手な相手との会話でも、観察力と分析力で癖や行動から会話となるヒントが出てきます。

時間をかけじっくりと打ち解けられる関係を作ることができるでしょう。

無口なのは、話が嫌いなのではなく、話したいけど話せない。

うまく言葉が出てこないから話ができないのでしょう。

話し方さえ練習すれば最高の武器を手に入れられます。

失敗したらチャンスに変化させる考え方

失敗は成功のもと

誰にでも失敗はつきものです。

失敗したからキャリアアップを目指せられないと思って諦めていたらもったいない事です。

「失敗は成功のもと」と昔から言われている通り、成功するための階段を上る状態なのです。

失敗した時こそ成長するチャンスになります。

どういう事かと言うと、まずはなぜ失敗したのか振り返りましょう。

反省すべき事は考えますが、長時間考え込むのは時間の無駄。

失敗した中でも、良い点はどんなに小さくても構いません。

そして、次の事態に予測することを計画する事が良いでしょう。

たとえば、初めての会議でプレゼンに挑戦。

内容はよく出来たと上司から褒められたけど、緊張で声が小さくなりましたと想定します。

次回に向け、毎日練習することで次回のプレゼン準備に取り掛かることができます。

内容がよく出来たとの事ならプラス要素が満載ですね。

ただ成功したからと言って、一喜一憂するのも危険。

箇条書きで良いので、計画、実行、反省を可視化すると頭の中がすっきりし、話がスムーズになり論理的思考に繋がります。

自己肯定感を持ち続け自分軸を作る

自己肯定感は常に一定ではない

1つ目、自己肯定感は常に一定ではない。

自己肯定感が低い人は、メンタルが弱い可能性があります。

気分が落ち込んでメンタルが弱い時は、脳内にストレスホルモンを高めているノルアドレナリンが増えていると受け止める事が大切です。

逆に、テンション高い時はポジティブ思考。

脳内でドーパミン物質が分泌されています。

どちらの状態も長時間放置すると弊害があります。

現在、自分の自己肯定感がどういう状況か冷静に判断する

2つ目、現在、自分の自己肯定感がどういう状況か冷静に判断する。

自分軸を手に入れるために、冷静な心を持ち続ける客観視が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

成功するための話し方は、人それぞれあるにしても共通点があります。

  • 挨拶が出来る人
  • 論理的思考力が出来る人

論理的思考力が苦手な人でも身につけるためにも手帳とペンで書く練習をしましょう。

もしくは、スマホでメモもいいですね。

時間が経っても、可視化でき客観視でき、状況整理にも役立ちます。

たとえ失敗しても一喜一憂しない心。

ぶれない心を持つことで自分軸をコントロールをしましょう。