【やりたいことがない】【好きなことがない】・・・をプラスにチェンジする仕事探し

「自分は好きなことを仕事にできていない」

「そもそも、何がやりたいのか分からない」

「そんな自分はダメな人間かな・・・」

そんなふうに思っている人は、いないでしょうか。

いつでも好きなことを仕事にできればいいですが、人生そうもいきません。

そこで今回は、やりたいことや好きなことがないことをプラスにする方法についてご紹介します。

好きなことが見つからなくてもいい

転職活動をするときによく言われるのが「自分の好きなことを明確に!」「自分らしくいられる仕事を!」といった言葉です。

これらがはっきりしてれば、確かに転職をするときに活動もスムーズに進むし、満足の行く結果が得られやすくなります。

しかし、「好きなこと」や「自分らしさ」というものが分からない、という人もいます。

そんな人は、転職活動の最初でつまずき、動き出すエネルギーさえ失ってしまうかもしれません。

しかし、それではもったいない!

「好きなこと」や「自分らしさ」を明確にすることは、転職活動において必ずしも必要なことではありません。

「好き」や「自分らしさ」にとらわれることなく、柔軟にキャリアチェンジを考えていきましょう。

やりがいや情熱で仕事をしていると、燃え尽き症候群になることも

「自分の仕事が大好きで、やりがいもあって情熱を注いで仕事ができる」

自分の仕事をこんなふうに捉えられている人は、とても幸せなことです。

しかし一方で、仕事に対してやりがいや情熱を持っている人ほど、危険なことがあります。

それは、そのやりがいや情熱を阻害するようなトラブルが起こったとき、仕事そのものに自信が持てなくなり、仕事を辞めてしまおうとまで思い悩む可能性が高くなる、ということです。

逆に、仕事としていい意味で割り切ってこなしている人の場合、同じトラブルに見舞われても淡々と処理できる、なんてこともあります。

もちろん、すべての人、すべての場合に当てはまることではありません。

ただ、いい意味で仕事との距離をとれていることがプラスに作用することもあります。

「好きなことがない」をプラスにシフトチェンジ!

好きなことや、やりたい仕事に出会える時期は人それぞれ

長い人生で、すべての人が若い頃にやりたい仕事に巡り会えるわけではありません。

20代で見つかる人もいれば、40代、50代になってから見えてくる人もいます。

他人を見てうらやむのではなく、「いつかピッタリの仕事に巡り会えるといいな」くらいの気持ちで、目の前にある仕事に取り組みましょう。

ボランティアや趣味の活動が好きな仕事につながることも

「好きを仕事に!」と考える前に、ボランティアや趣味の時間を充実させるのもおすすめです。

「なんとなく興味がある」という程度のものの世界に触れることで、思わぬ発見があったり、人との出会いがあったりして、それがいつか「好きな仕事」につながっていくかもしれません。

目標に固執しすぎない

転職活動のときに自己分析をして「こんな仕事をしたい」という目標ができたとしたら、もちろんそれはとてもいいことです。

けれど、その目標が達成されないときに必要以上に落ち込まないようにしましょう。

目標に固執しすぎると、自分が苦しくなってしまいます。

こんなときにこそ「好きなことがない」がプラスに働くチャンスです。

次の目標を作って進むことができます。

キャリアドリフトという考え方を実践

自分の人生のキャリアを描くキャリアデザインという言葉の対として、「キャリアドリフト」という言葉が使われます。

ドリフトとは、「漂流する」という意味。

簡単に言えば、流されること。

キャリア研究の第一人者である金井壽宏氏が提唱した言葉で、「何十年にも及ぶキャリア全体をデザインしきれるはずがなく、ときには流されたほうがいい。そこに思わぬ掘り出し物や新たなチャンスが巡ってくる」という考えです。

キャリアをはっきりと描いていると、自分の目標とするキャリアと違うものを仕事として与えれたときに、一気にモチベーションが下がってしまうことがあります。

けれど、いい意味で流されてれいば、それも仕事として前向きに受け入れることができます。

数十年に及ぶキャリアを計画通りに進めるのは至難の業ですし、時代の変化で仕事そのものがなくなってしまったり、新しい仕事が出現したりすることもあります。

ですから、「好きなことがない」というときは、前向きに流されてみましょう。

好きなことってそんなに必要?

「好きなことがない」というとき。

真面目な人ほどそんな自分をダメだと思い込んで、一生懸命自己分析をします。

そして、なんとか自分の好きなことを明確にしようとします。

けれど、どんなことにもそれほど強く興味関心を抱けない、という人もいます。

また、好きなものに出会える時期も人それぞれです。

机に向かって悶々と「好きなことって何〜?」と考えるより、今の自分ができることをしていきましょう。

長い人生ですから、急がず「今はキャリアドリフトの時間」と思って過ごしてみるのもひとつの方法です。

まとめ

いかがですか?

好きなことや、やりがいのあることを仕事にすることは、長いキャリア人生においてマストではありません。

いい意味で「仕事は仕事」と割り切り、その中で発見できる「好き」を待ってもいいのかもしれません。

好きなことがなくてもいい。

今の自分に自信を持って進みましょう。