「老後のお金が足りない!?」現役世代の今から考える老後資金

ひと頃、「老後資金2000万円問題」について盛んに議論されたことがありました。

夫婦2人が老後を過ごすには、年金以外に2000万円の資金が必要だという議論です。

この金額がすべてに人に当てはまるかどうかはともかくとして、老後を豊かに過ごすために、現役世代の今、私たちはどんなことをしたらいいのでしょうか?

今回は、老後資金の大切さについて、老後を豊かに迎えるためのポイントについて、ご紹介します!

お金を蓄えることの大切さ

厚生労働省によると、2020年の日本人の平均寿命は、女性が87.74歳、男性が81.64歳で、いずれも過去最高を更新したそうです。

65歳で定年を迎えても、まだかなりの人生の時間を過ごす人が多数になってきているわけです。

医療の進歩とともに長寿化は進む一方ですが、一概に喜べないのは、「老後資金」の問題があるから。

生きているということは、生活するためのお金がかかるということ。

「できれば、旅行にも行きたいし孫にプレゼントも贈りたい」このような希望があれば、さらに資金が必要になります。

そこで大切になるのが、現役世代の今から老後に備えることです。

「老後資金は、年金以外に2000万円必要、いや3000万円必要、1500万円で十分!」など、さまざまな意見があります。

老後に必要な額というのは、持ち家か賃貸か、65歳を過ぎても養育する家族がいるかどうか、などによって変わるため、一概に「いくら必要」とは言えません。

ですから、自分の環境や状況に応じて「老後までに貯める目標額」を設定して、今から資金を増やすようにするべきなのです。

老後に注意が必要なケースは?

これまた、よく聞くようになった言葉が「老後破産」。

年金だけで暮らせないお年寄りが、破産してしまうケースも増えてきています。

老後のことを考えて備えておかないと、最悪のケースでは破産してしまうなんてことも、すでに現実として起きているのです。

では、老後破産に注意する必要があるケースはどんなものでしょうか。

第一に、定年になったときにまだローンが残っているケース。

年金だけでも生活するには心もとないのに、ローンまで残っているとなると、老後の生活を逼迫しかねません。

ローンは定年までに完済しておくほうが無難です。

第二に、子供の養育が続くケースです。

今は、晩婚化などによって子供が成人を迎えるときに世帯主が60歳を過ぎる家庭も増えてきています。

こうなると、現役世代のときに老後の資金を貯めようと思っても教育費と重なってしまいます。

そのため、老後資金が貯められないまま退職の時期を迎えてしまうリスクが高くなります。

第三に、収入に比べて生活レベルが高いケース。

嗜好するものにお金がかかることが多い人は、老後資金が貯めづらくなります。

そして、いざ老後を迎えたときにもその生活レベルを落とせなくて、資金が先細りになってしまう危険性があります。

上に該当する人は、ローンの繰り上げ返済や計画的な貯蓄、収入に見合った生活などを意識してみましょう。

老後を豊かに迎えるポイント

健康でいること

老後の資金を貯めるためには、元気に働けることが大切です。

健康でなければ、働くことはもちろん、豊かな老後を過ごすこともできません。

日々バランスの良い食事を心がけ、飲酒は控えめに、適度な運動を日課にする、といった健康的な生活を心がけましょう。

共働きをする

年金を多くもらうには、夫婦共働き、フルタイム勤務であれば二人とも厚生年金などに入っていることが理想です。

年金額が多ければそれだけ豊かな老後を送ることができます。

また、老後資金を貯めるためにそれほど家計を切り詰める必要もなくなります。

家計を見直して貯蓄率アップ!

小さいようで、チリも積もれば山となるのが、家計の節約です。

携帯料金や電力会社などは、一度見直せばかなりの節約になります。

また、食費や日用品などでムダのない買い物を心がけることも、一度の買い物では数百円程度の節約でも一月にしたら数千円、一年にしたら数万円の節約になります。

それから、仕事中の休憩につい買ってしまうコーヒー。

これも家から水筒で持参するようにするだけで、「チリツモ」貯金になります。

こういった日々のちょっとした節約が意外なほど効果をもたらすので、ぜひ意識してみましょう。

ローンは退職前までに完済しよう

前の項目でもお話しましたが、定年後もローンが残っているのはリスクになります。

繰り上げ返済をする、住宅ローン以外のローンは組まない、などを心がけましょう。

元気に働いて生き生きとした老後を迎えよう

老後に必要なお金はひとそれぞれです。

でも、ひとつ共通して言えることがあるとしたら、現役世代のときに健康的な生活を心がけ、元気に働いて退職を迎えることが大切だということでしょう。

健康であれば、70代になってからセカンドキャリアを築くことだってできます。

また、「はたらく」ということはシニアライフに適度なスパイスを与え、毎日を生き生きと暮らせる要素にもなります。

老後を豊かに過ごすためのお金や健康について、考えることをおすすめします。

まとめ

いかがですか?

長寿化がすすむ日本で老後を生きるには、年金だけでは不十分なこと、元気に働いて老後資金を貯める必要があること、そのポイントについてご紹介しました。

今日からできることがたくさんあるはずです。

ぜひ、実行してみてくださいね!